« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の11件の記事

2016年6月29日 (水)

県議会建設委員会

628 長野県議会建設委員会(28日)で浅川ダム(長野市)、リニア中央新幹線などの問題で質問しました。一部を紹介します。

Q:浅川ダムの完成時に満水にして行う試験(試験たんすい)は、過去にも大きな台風や大雨が何度もあった10月を避けて11月に開始すると説明していたのに、なぜ10月に変更になったのか? 
→答弁は、 他のダムの例、長野気象台の雨量データーなどから判断したというもので、納得できる説明ではありませんでした。試験中に大雨や地震があった場合の安全性の確保、住民への情報公開など引き続き求めていきます。

Q:南木曽町のリニア中央新幹線対策協議会は、工事で生活や環境に悪影響があった場合の損害賠償などを明記した協定書の締結を何度も求めてきた。しかしJR東海は受け入れず、最近も「文書を取り交わすかどうかも含めて検討を進めたい」とあいまいにしている。県はどう受け止めているか?
→ 答弁 は、JR東海が 「検討する」と答えたことは大きな前進だと評価しました。いずれにしても、県も協定書の締結をさらに働きかけていくよう求めていきます。

2016年6月24日 (金)

県議会質問と答弁ー父母負担軽減で一歩前進

6 22日の県議会一般質問では、子どもの貧困対策、子育て支援を取り上げ、前向きな答弁がありました。一方、消費税増税の再延期やTPP交渉の問題で知事や担当部長の答弁は、まるで他人事。県民ではなく、政府の顔色ばかり気にしている感じでした。以下、質問と答弁の要旨です。

Q: 「給食費や修学旅行の積み立てなど中学校の学校徴収金は、市町村によって5万円から15万円までばらつきがある。保護者の負担の軽減のためにも市町村の取り組みの情報の共有が必要ではないか?」
◇答弁  「市町村間の情報の共有は意味あるものと考える。情報交換する場を設けるとともに、負担軽減の働きかけを行っていく」。

Q: 「高校生の通学定期代は、毎月3万円以上に上る地域もある。昨年、県の支援を求めたが、今回実態の把握が行われるようになった。調査の内容は?」
◇答弁  「通学費の負担が大きく進学する高校の変更がなかったかなど取りまとめていく」。

Q:長野県内の子どもの貧困率の調査を行うべきではないか?
◇答弁  「国が行っている全国一斉調査によって都道府県の貧困率を算出できるよう国に要望している」。

Q:車や家屋があると生活保護が受給できないといと市町村の窓口や支援者に言われ、必要な人が受給できない問題がある。
◇答弁 県のホームページやマイサポで情報提供や支援を行っているが、福祉事務所に対し、単に自動車や家屋の保有のみを持って保護の需要条件を欠くことにならないことを民生委員や町村等の関係機関に周知徹底や、保護を要する方を適切に把握するため連絡体制を強化するよう要請した。

Q:県と長野市の保健所の共同設置の可能性の判断の時期は? 共同設置のコストも試算すべきではないか?
◇答弁 両保健所の連携のあり方の判断時期は未定。コストの試算も重要であり検討している。
 ※再質問では、住民サービスの低下や多大なコストを招かぬよう慎重な議論と判断を求めました。

Q:知事は消費税の引き上げは、再延期ではなく中止を求めてほしい。
◇答弁 「課税者として税率の引き上げが必要と言ってきたが、再延期は受け入れざるを得ない。国では社会保障税や税制、地方財政の在り方を真摯に検討してもらいたい」。
  ※再質問では、課税者ではなく、納税する県民の立場に立つよう求めました。

Q:TPPは対策を講じるので長野県農業に影響は小さいとしているが、対策の効果は不透明。対策を講じない場合にどの程度の影響を受けるのか試算を行うべき。
◇答弁 客観的な根拠のない現実と異なる仮定に基づいたものになるので試算しない。
  ※試算を行わない方が余程「根拠のない仮定」だと思うのですが…。

2016年6月19日 (日)

父の日 なんだかなぁ…

1466313926797  3日後の22日は、いよいよ参院選の公示ですが、実はよりによって県議会の私の質問の日なんです…。で、質問準備の途中ですが、頭がレッドゾーンに達したため近くの城山公園に散歩。入園無料、孔雀、ペンギン親子、猿、アシカ、フラミンゴもいます。小さな子ども連れのなかで、オジサンが一人。ちょっと違和感があったかもしれません。

 1466330484977 ちなみに、今日は父の日だそうですが、夜になっても家には誰もいません。連れ合いは4番目を巻き添えにしてアイドルの追っかけにいったようだし、次女は友だちと塾へ行ったみたい。家族のラインで「今日は何の日?」と送っても既読は5分の3で、反応は東京の長女だけ。しかたないから近所のスーパーで二割引のおつまみセット買ってきました。なんだかなァ…。

2016年6月17日 (金)

杉尾ひでやさんと「語る会」

1466167855695 会議、県議会の質問準備であっという間の一日。

 夜、長野市内で野党統一の杉尾ひでやさんと「語る会」でした。大学生が「政策の違う共産党との共闘をどう考えるか」と質問。杉尾さんの「違いは脇におき、安保法制撤廃など共通課題の共闘」との明解な答弁に、大学生は「よく分かりました」。会場はわきました。
 民進党の埋橋茂人県議もご一緒。私も杉尾さんの推薦の挨拶をさせてもらいました。

2016年6月16日 (木)

県議会開会

 1466073810213 本日、6月定例県議会が開会。一気にフル回転です。今日一日をドキュメント風に。

 朝7時自宅を徒歩で出発。7時30分県庁前で日本共産党の宣伝行動。9時30分大北森林組合の補助金不正受給問題で県の担当課から説明を受ける。国から請求もされていないのに、国に返還する補助金を補正予算で組むことに納得できず。10時30分党県議団会議。12時20分NHKサラメシを見ながらお昼。13時本会議開会。14時県立短大の4年生化懇談会。15時30分補正予算案の説明を担当課から受ける。知事らのベトナム訪問計画などで質問。16時党県議団会議。17時高村、毛利、藤岡県議、事務局のみなさんと県議会報告作成。19時半退庁。

2016年6月12日 (日)

スマイルボーリング

1465719653636 居住している三輪地区のスマイルボーリング大会に参加しました。

 スマイルボーリングは、体育館の床にピンを並べ、ソフトボールより一回り大きめの玉を投げるゲームです。1チーム5人で、一投ずつ順番に投げていき何人目で10ピン全部倒せるかを競います。最初に投げた人がストライクをとれば得点は1。二番目の人が残りを全部倒せば、得点は2。三番目の人なら得点3という具合で、得点が低いほどいいわけです。

 私が参加した横山チームは、1回目は14点(10ピン全部倒せたのが14人目)、2回目は6点でした。
運動神経はあまり関係なく、お年寄りも子どもたちも気軽に楽しめ、個人の記録も残らないのでわきあいあいの、交流にはピッタリのさわやかなスポーツ。機会があったらぜひ。

2016年6月11日 (土)

選挙モード

1465638928751午前中のポスター作戦では、今まで張ってもらったことのない新規のお宅も張らせてもらうことができました。やっぱりダメモトでも頼んでみるものですネ。

 午後の訪問作戦では、「固すぎるで。もっと笑いをとれるオモロイ話をせなあかん」と大阪から来た人。「関西は共産党が強いけど、この辺は遅れとるな。がんばってや」と京都からきたという人もいて、それが結構長話になって関西デーみたいな感じでした。いろいろ面白いものです。

 夜は、ある支部の集まりで選挙を巡る情勢や争点のお話をさせてもらいました。最高温度が31℃の暑い一日は、選挙モードの一日でもありました。

2016年6月 9日 (木)

あわただしく

1465473376590  久しぶりに雨がパラパラ。ようやく蒸し暑く梅雨らしい一日でした。

  7日後に6月定例県議会の開会、14日後に参議院選挙の公示を控え県庁から党事務所に移動して会議のはしご。
  このところの軽い頭痛は低気圧のせいでしょうか。だいぶあわただしくなってきましたが、体調を維持しながら精一杯がんばる決意です。

2016年6月 6日 (月)

1人スタンディング

Img_1584  雨の日も風の日も、毎朝一人で県道の脇に立ち安保法制(戦争法)の廃止をアピールしている方がいます。安保法制が国会で強行された昨年9月以来、のぼり旗を立てプラスターを抱えて、無言で、通り過ぎる車にていねいに頭を下げておられます。

 実は7年前に私が大病をしたとき、この方も体を壊しお互いに励ましあったこともありました。毎週月曜日、私は三才駅での朝宣伝に向かう途中、この方がスタンディングしている前を車で通るのですが、そのたびにわが身をただされる思いです。

2016年6月 4日 (土)

地中熱エネルギー、太陽光発電を現場で考えました

 3日、再生可能エネルギーに関する現地調査を行いました。

最初に訪ねたのは岡谷市。市立岡谷病院の地中熱利用システムと家庭用の地中熱利用システムを普及している民間の会社です。

13383854_558696230958404_791847586_  地中熱は、地下10~15メートルの温度が年間を通して15~17℃で安定していることを活用するものです。具体的には、穴を掘って地中に埋めたホースに水や不凍液を流せば15~17℃になるので、夏は冷房、冬は暖房として活用できるというものです。

 市立岡谷病院はこのシステムで病室などのエアコンを600台設置することで、通常のエアコンと比較すると約300世帯相当分の電力、年間1750万円のランニングコストを削減し、二酸化酸素の排出量を440t削減に相当するそうです。最大の課題は多額の初期投資が必要なことでしたが、総額国からの補助金約3億円の国の補助金があったことが導入の決め手となったそうです。

 家庭用のシステムを普及している民間の会社のお話しでは、ランニングコストが石油に比べ半分以下に削減できるそうです。ところが、問題はやはり初期投資。システムに一軒当たり400~500万円かかるそうですが、地中の部分の工事や設備にかかる費用についての補助はありますが、これはモデル的なもので昨年補助金を受けることができたのは長野県内で1件のみ。地上部分に補助があるのは岡谷市、諏訪市、大町市ですが上限が30~50万円で決して十分といえません。
 いずれにせよ、数々のメリットのある地中熱の活用ですが、大きいコストをどうやって削減するか、補助拡充がカギになっているようです。

13324302_728695383938297_1461373237  続いて諏訪市の太陽光発電の予定地を調査。霧ヶ峰に近い188ヘクタールという広大な山林を開発する計画で、クリンソウが群生する湿地もありました。再生可能エネルギーというけれど、かけがえのない貴重な自然を再生不能にする乱開発になりかねません。

2016年6月 1日 (水)

阿部知事に申し入れ

P1100093  31日。共産党県議団会議で6月議会の対応など打ち合わせ。議会は16日からで、参議院選挙とも重なります。

 午後、6月議会にむけて阿部守一長野県知事に、米軍戦闘機の騒音問題、保育料や乳幼児医療費窓口無料化、災害対策など県民要望の実現を申し入れました。このなかで、知事は消費税10%の延期について「(増税が)必要だと言ってきたので、ハシゴを外された思い」と発言されました。ハシゴに上った方も悪いと思うのですが…。
 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31