« 飯田出張 | トップページ | 真冬に逆戻り »

2016年2月25日 (木)

県の補正予算で質疑を行いました

719  25日、開会中の県議会で提案されている補正予算の質疑に立ちました。
 まずTPP関連の予算の問題です。国がまだ批准しておらず、国会で関連法案も成立していないのに、県が先取りしてTPP対策予算を計上する矛盾についてです。これは、結局TPPを推進するものです。ところが、知事の答弁は「TPP関連大綱の一つだが、協定発効に合わせたものではなく体質強化策」というもので、意味不明、まともな答弁ではありませんでした。

 障がい者グループホームを5か所整備する補助金1億円が計上されたことでは、これにとどまらず当初予算でも積極的に対応することを求め、健康福祉部長から「引き続き予算が確保できるよう国に要望し、計画的に進める」との答弁がありました。グループホームの整備は、多くの障がい者やご家族に希望の光となるでしょう。

 また、介護福祉士をめざす学生への就学資金の貸し付けが拡充される問題では、私も議会で取り上げてきたものであり積極的な評価を行いました。

 引き続き、委員会の審議などで頑張ります。
 

« 飯田出張 | トップページ | 真冬に逆戻り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597467/63262871

この記事へのトラックバック一覧です: 県の補正予算で質疑を行いました:

« 飯田出張 | トップページ | 真冬に逆戻り »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31