« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の24件の記事

2015年10月31日 (土)

九州国立博物館

1446262261837_2  30日、県議会の委員会の視察の最後は、九州国立博物館(太宰府市)でした。
 国立と言っても、国と県が共同で運営し、市民と共生をめざす親しみやすい博物館でした。“地域とともに”のコンセプトは、信濃美術館が老朽化し長野県の美術館、博物のあり方を考えていく参考になりました。

 広島県、福岡県を2泊3日で訪ねた今回の視察。大急ぎの日程でもう少しじっくり視察したいと思いましたが、医療や福祉、文化政策などの先進的事例から、これでいいのだろうかと問題意識をもった事例など、いろいろ参考になりました。

2015年10月30日 (金)

尾道から福岡へ

1446155225478  午前中、広島県の尾道市民病院で地域包括ケアシステムを視察。尾道は同システム発祥の地。“患者本位に考えてできたシステム。在院日数の短縮はあくまでもその結果”と病院の担当者。患者の追い出しが目的でないことが肝心だと思いました。

 新幹線の車中でお弁当を食べながら、次の目的地福岡市へ。この福岡の視察が私にとって意外というか、ビックリでした。
まずは女性の大活躍推進福岡県会議。企業や団体の女性幹部を中心に組織され、県内の企業に女性幹部登用の目標の設定などを働きかけています。女性幹部の能力の発揮が企業の発展をもたらすという考え方です。視察の時間も限られていたのでお聞きできませんでしたが、この取り組みの成果などもう少し知りたいと思いました。

 次に福岡市生活自立支援センターへ。生活困窮者の相談や様々な支援につなげる活動を行っていますが、この事業は市から委託され、あの人材派遣のパソナが行っていました。確かに人材派遣のノウハウは生かせる面があるのかもしれませんが、この事業はビジネスでは対応しきれない福祉の心や対応が求められていると思うのですが、実際はどうなのでしょうか。そこももう少し知りたいところでした。

2015年10月29日 (木)

広島へ

1446073468398  県議会の県民文化健康福祉委員会の視察で広島に来ました。

 昨日は、病気の治療や介護サービス、特定健診の結果など全県民のデーターを県が集め分析する事業の話をききました。これは長野県でも計画されていますが、データーの使い方から個人情報の保護まで、課題は多い感じです。

 広島市内に宿泊。今朝、平和公園を訪ねて祈りました。“安らかに眠ってください 過ちは繰返しませぬから”

2015年10月27日 (火)

再稼働反対弁当!

1445942888937  久しぶりに再稼働反対弁当を作りました。と言っても、子どもたちにはあまり評判が良くないので「再稼働反対」は自分の弁当だけにしましたが。

 上松の交差点で野々村博美市議と朝の宣伝。
 今日は、「しんぶん赤旗」をおすすめをしました。戦争法廃止、安倍政権の暴走にストップをかけるためにもたくさんの方に読んでいただきたいのです。ところが、私は20人近くの方に訴えたのですが、なんと読者になっていただいた方は“ゼロ”でございました(´Д⊂グスン


 ちょっと撃沈感が漂った一日でした。明日からは、県議会の視察で広島、福岡へ出張です。

2015年10月26日 (月)

和人さんのこと

 元伊那市会議員の小林和人さんの葬儀でした。和人さんは市議を6期つとめ、その後党中央委員会の自治体局で活動していましたが突然の病に倒れました。享年60歳でした。

1445851340144  私は1988年から97年まで伊那市で暮らし、民青同盟、しんぶん赤旗伊那市出張所、長野5区候補などの活動をしました。そして私より5歳年上の和人さんは、25歳で初当選しすでに市会議員として活動していました。偉ぶらず、控えめで、それでいて原則的な和人さんは、私の原点ともいうべき伊那時代の最も身近な存在でした。

 和人さんとは、彼が中央委員会で活動するようになってからもご一緒する機会が何度かありました。とりわけ私が衆院比例代表北陸信越ブロックの候補者として活動した09年の総選挙では、とてもきつい候補宣伝車の責任者となっていただきました。
 実はこの選挙の直前に私は大きな病気がみつかりながら、最後まで選挙戦をたたかったのですが、和人さんには大変な心配もおかけしました。

 今日、和人さんとお別れをしても、どうしても気持ちの整理がつきませんでした。甲斐駒、仙丈、のうとり、北岳…しばらくの間、懐かしい伊那の山々を遠く眺めました。無念です。

 

 

2015年10月25日 (日)

三輪甚句

 地元三輪地区の三輪甚句まつり。高島陽子県議、野々村博美市議と一緒に参加しました。各町内のみなさんが踊りを披露し、最後は三輪甚句をみんなで踊りました。踊りなんてほとんどやったことがないし、なんとなく苦手意識をがありましたが、三輪甚句は覚えやすくて結構楽しめました。たまにはいいもんですね。来年は気軽に参加できそうです。

Received_907709622643084  三輪甚句は、江戸時代に善光寺甚句として生まれ、引き継がれてきました。ところが先の戦争で中断してしまったものを市政100周年に合わせて地域の方が復活させたそうです。高齢の方などを訪ね歩いても、なかなか三輪甚句を知っている方がいなくて苦労されたそうでうです。こんなところにも戦争の傷跡が残されているのですね。地域に受け継がれる文化や伝統は大事にしたいものです。

 二部の
懇親会であいさつさせてもらいました。日ごろお世話になっている地元のみなさんと交流を深めることができました。写真は高島県議が撮ってくれました。

2015年10月24日 (土)

名古屋でリニアシンポジウム

 名古屋で開かれた「リニア中央新幹線問題」を考えるつどい(主催 日本共産党中央委員会)。リニアは本当に必要か、経済性や安全性なども含めていろんな角度から問題が提起され、あらためてそもそも論の重要性を感じました。

 東京から神奈川、静岡、山梨、長野、岐阜、愛知、京都、大阪まで、リニアの沿線各地からの参加者で会場はイッパイ。そこのけそこのけリニアが通るといわんばかりに、計画ありき、着工ありきで住民の不安や疑問に聞く耳を持たないJR東海の強引、傲慢なやり方に対するたたかいが広がっていることも各地から報告されました。

1445725599949  終了後、名古屋駅。次の特急しなのまで一時間近くあったので、党県議団のみなさんと一息。はじめてのオーガニックビールは美味しかったです。長野まで3時間の旅もまたよし。

2015年10月23日 (金)

信濃の国

1445602997502 ♪信濃の国は十州に境連なる国にして…愛チャリで県庁に向かう途中、長野県人のソウルソング、県歌・信濃の国の生誕の地を発見しました! 
 それは、意外にも県庁のすぐ近くでした。作詞者の
浅井洌、作曲者の北原季晴の旧宅があったそうです。

 実は、今日、小林和人元伊那市議会議員の訃報に接しました。以前、党上伊那地区委員会で私が活動していた頃、年齢の近い若い小林和人市議はいつも身近な存在でした。発病してからわずか数か月、まだ信じられません。残念でなりません。

 

2015年10月21日 (水)

決算特別委員会 農政部

1445424639503  なんか、今日は弁当にスイッチが入った感じでカルビ焼き、野菜天、卵焼きまで作ってしまいました。ところがお昼に卵焼きを一口食べたとき、「しょっぱぁ~!」。
 そうです。砂糖と塩を間違えたのでした( ;∀;)

 決算特別委員会の本庁調査3日目。農政部の審議でした。政府が農地を集めて集約化して貸し出す事業をはじめましたが、貸し手が大幅に予想を下回る結果に。県からは周知が徹底されていないためという説明でしたが、先祖代々受け継いだ農地を集約化します、貸してくださいと言われて、簡単にはいかないでしょう。特に、荒廃農地が深刻な中山間地ではほとんど契約がなく、事業として成り立っていません。大規模化、効率一辺倒のやり方は、もうゆきづまっています。

2015年10月20日 (火)

諏訪市へ出張

1445341855450  中学2年の4番目クンが職場体験のため、彼の分も含めてお弁当を4個作製。 子どもたちには「また茶色いお弁当」といわれそうですが。
 ちなみに、4番目クンの職場体験は近所のイトーヨーカ堂だそうです。
 
 長野駅善光寺口で朝宣伝して、「こんにちは県議会」(県議会の広報活動)で諏訪清陵高校付属中学へ。
 簡単に県議会について説明した後はクエスチョンタイム。「この諏訪地域を支えてきた物づくりや観光が落ち込んでいるが、どうやったら打開できると思いますか?」「少子化や人口流失を解決するためには何が必要だと思いますか?」など、鋭い質問も出されました。我が家にも中2がいますが、みんなしっかりしていてビックリしました。

 終了後、長野に戻り会議。ちょっと体調を整えようと思って昨日に続き今日も休肝。

 


2015年10月19日 (月)

久しぶりの蕎麦ネタです

 三才駅で滝沢しんいち市議、後援会のみなさんと朝宣伝でスタート。

 長野県内の小学生の県庁見学が2校あり、県議会の説明をしました。「なんでこの職業(県会議員)を選んだのですか?」というドッキリ質問も。一瞬とまどいましたが、「平和でみんなが安心してくらせる長野県をつくる力になりたいと思ったからです」と答弁。続いて「お仕事でどんな工夫をしていますか?」。これも一瞬悩みましたが「たくさんのみなさんの声や願いをお聞きするためにいろんな工夫をしています」とお答えしました。納得してくれたかどうか…(^-^;

1445250902174  今日は、久しぶりに蕎麦。長野バスターミナル地下の「草笛」です。中盛ですが、ざるは深く普通の3人前以上あるでしょう。完食しましたが、最後はきつかった。蕎麦はあっさり系でやわらかめ。たれは、ちょっと甘めです。☆☆

2015年10月18日 (日)

いやぁ、もうびっくりしました!

1445163578921_3  午前中、近所の三輪まつりに行ったら、アルクマが一匹いました。クマとリンゴをモチーフにした長野県のユルキャラです。生アルクマははじめてでした。ちょっと動きがぎこちないと思ったのは気のせいでしょうか。

 昼は、長野駅善光寺口で定例の宣伝。おいで光市議といっしょでした。

 1445163587795 午後は、戦争法廃止の署名をもって訪問活動。けんもほろろの家が続き、さらに訪ねた家では街頭宣伝の邪魔を何度もされた共産党大キライおじさんまで登場(-_-;) ところがこの人が、スラスラと署名をして「共産党もいいところはある」と言うではありませんか。もうビックリ、劇的変化を実感しました(@_@)

 写真は、うちの近所でちょっとお気に入りの一角です。

2015年10月17日 (土)

久しぶりの行動

1445063821781  朝、第52回赤旗囲碁・将棋大会の長野県大会へ。と言っても、私は当然参加資格があるわけではなく、それどころか将棋はほとんどさしたことないし、囲碁はルールも知りません。つまり、挨拶をさせてもらったのでした。
 その後、地元にある県立短大の文化祭に向かいました。

 午後、家で休養。畳に横になったら爆睡でした。
 夕方、野々村博美市議や支部の方と行動しました。議会や出張などで時間がなかなかとれなくて、久しぶりの行動でした。
 一人くらしのおばあちゃんは、事故多発のオスプレイの訓練ルートに県内も選ばれたことに怒り、赤旗日曜版を講読してくれました。
 この間、共産党の演説会やつどいに参加してくれた方を訪ねると、障がいを持つ子どもさんのことで悩みをお持ちでした。はじめてお聞きした話ですが、こうやって結つきが強くなっていくことはうれしいことです。
 また、訪問したら偶然子どもの同級生だったお宅も。みなさん宣伝紙を快く受け取ってくれ、目を通してみたいと言ってくれました。


2015年10月15日 (木)

日替わり朝宣伝300回!

 長野電鉄朝陽駅で佐藤久美子市議、石坂千穂書記長らと朝の宣伝。月曜から金曜まで週5日、駅前や交差点で行っている日替り朝宣伝がちょうど300回目となりました。今朝は肌寒く、そろそろジャンバーが必要になってきました。

1444908971691  朝から県議会決算特別委員会の本庁調査(第1日)。小1から中3の30人規模学級は、子どもたちに目が行き届き人間関係もつくりやすいこと、学力の向上や不登校の減少につながり現場でも大いに歓迎されていると教育委員会から報告がありました(^^)

 続いて、長野県保険医協会のみなさんと福祉医療の窓口無料化などをテーマに懇談。18時から20時まで党県議団会議。なかなか濃い一日でした。

2015年10月14日 (水)

リニア中央新幹線第4回現地調査

1444815393720  日本共産党国会議員団のリニア中央新幹線長野県ルートの現地調査に同行させてもらいました。現地調査は、昨年2月、9月、今年7月に続き4回目。国会議員団からは、穀田啓二、藤野保史、本村伸子衆議院議員と秘書の皆さん、武田良介参院比例予定候補、唐沢ちあき選挙区予定候補らが参加しました。

 13日は大鹿村、豊丘村、喬木村、14日は阿智村、南木曽町を訪問。工事車両が通行するルート、排出土の埋め立て予定地など視察しながら、行政の関係者や住民のみなさんからお話を聞きました。工事によって住民の安全、住環境や自然環境が破壊されることや、観光への打撃など不安がいっそう具体的になり広がっています。ところが、まともにこたえようとしないJR東海の不誠実な態度は何も変わっていませんでした。

 今月24日は名古屋で日本共産党のリニア問題のシンポジウムが開催されますが、取り組みをさらに広げたいと思います。

2015年10月12日 (月)

こんな時は「小さな旅」

1444627133261  4番目クン(中2)をバスケットの会場に送って、朝一の試合を見学。彼の試合を見るのはずいぶん久しぶり。家のは、チームで一番背が低い(背番号5)感じ。中学生ともなると、170センチをこえる子も珍しくなく、大人と子ども。
 途中、足を痛めてつらそうな顔もしていましたがフル出場。チームメイトのお母さんにほめられて、「チョー痛かったけどがんばった」とそっけなく言ってました。。

1444627117568  実はこの間結構忙しくて、ちょっとお疲れモード。幸い夕方まで時間が空いたので、こんな時は録画した「小さな旅」。自然と人々のくらし、何気ない日々の営みが丁寧に取り上げられて、時には生き方さえ考えさせられます。テレビはあまり視ませんが、この番組は好きです。大野雄二のテーマ曲も心にしみます。

2015年10月11日 (日)

町内の運動会 赤旗信州秋まつり

1444558112450  明け方の雨も上がって、無事に町内の運動会。小さな町内なのでこじんまりしていて、ほとんどの人がフル種目出場。けっこうハードでしたが、運動場に明るい笑い声が響いて楽しかったです。
 ちなみに、今日の町内運動会でゲットした景品。風船運び(3位 水切りネット)、満水リレー(3位 水切りネット)、青果宅配便(ジャガイモ)。風船運びは、女性と顔で風船をはさんで運ぶレース。緊張しましたぁ!

1444557365406  お昼に運動会が終わった後、車で松本へ大急ぎ。赤旗信州秋まつりに途中から参加しました。毎年開催しているおまつりですが、今年は衆院選、いっせい地方選挙の躍進を受けてとりわけ熱気に包まれていました。戦争法廃止、参院選勝利へ大いに盛り上がったのでした。

2015年10月10日 (土)

9月定例県議会が終わる

P1080604  9月24日に開会した定例県議会が、10月9日閉会しました。
 今度の議会では、戦争法廃止を求める請願は賛成22、反対35で残念ながら否決となりました。
 私は、子育ての支援や介護問題を主に取り上げました。県民の切実な要望や声に聞く耳を持たない県側の冷たい答弁に腹が立ったり、自分の力不足を感じながらも、一方で前進面もあり、今回もいろいろあった県議会。とりあえずまとめてみました。


1444437630772  【
一般質問
給食費の負担軽減~給食費は県内の小中学校9年間で約50万円に。格差と貧困が広がり滞納が増える中、全国的にも無料化が広がっています。
 ところがわが長野県の答弁は、「家庭でも食材には費用がかかるので給食の無償化はできない」というものでした。
 
 実は、このまったく冷たい答弁に、私は怒りを通り越してガックリしていました。ところが、数日後の地元紙に「滞納で給食を止められた児童がクラスで一人、弁当を広げている光景は見たくない…」という投書が。ガックリなんかしていられません。引き続き無料化実現へ頑張る決意を新たにしました。

高校生の通学定期~長野市内でも、地域によっては市街地までの定期代が戸隠34,500円、鬼無里36,000円になります。過疎に悩む中山間地が多い長野県では、人口減少や利用者減→公共交通の運賃の値上げ→人口減少や利用者減という悪循環が繰り返されており、交通費の軽減は地域や公共交通を守るうえでも有効な対策です。
 ところが県側の答弁は、「高等学校は義務教育ではないので補助は考えていない」というもので、給食費に続きこれまた木で鼻をくくるような冷たいものでした。

児童虐待~児童相談所に寄せられる虐待の相談は、平成22年度839件が26年度1638件と4年間で2倍近くに増えています。ところが、児童相談所の児童福祉士などの職員は、この4年間で83名から90名とわずか7人増えただけ。
 私は、「子どもたちをもっと援助したくても手が回らない。職員の健康も心配」など、この間各地の児童相談所長からお聞きした声や要望を紹介。
 この問題では、「職員の増員だけでなく相談、援助の質の向上を図ることも大変重要」という前向きな答弁がありました。
 常任委員会(県民文化・健康福祉委員会
介護保険~県内の介護福祉士などの平均賃金は227,600円で全産業平均の82%と低く、仕事の大変さもあって新規就職者の7割が3年未満に退職すること、こうした中で介護福祉士を育てる学校は入学者が定員の半分にも満たないことなど、深刻な実態が明らかになりました。
 私の質問の中で、介護福祉士養成学校の学生への奨学金の貸し付けが138人に対し申請は210人にのぼることがわかりました。より多くの学生が奨学金を受けられるように対応を求めました。また、中山間地の在宅サービスは加算の対象となること、ケアマネージャーや施設の関係者から見直しが求められていた集中減算について、国、県ともに対応を検討したいということでした。

子どもを性被害から守る条例のモデル~長野県が以前から官民一体となって「人権を尊重するがゆえに条例は作らない」「条例よりも、県民の運動や業者の自主規制、行政の啓発が大事」としてきた立場を引き続きつらぬくよう主張しました。
 県側が条例があれば検挙できるとして持ち出してきた17の事件について、これらはいずれもインターネットによる出会いの危険性の認識や、子どもたちの身近な相談相手やコミュニティーなどによって防ぐことができたことを指摘しました。条例で罰則を設けても根本的な解決にはなりません。
 9月定例会最終日、共産党県議団で恒例の写真撮り。次は11月議会です。
 
 

2015年10月 8日 (木)

アサギマダラ

1444293773672  5時に起きてお弁当作り。と言っても、メインのチキンカツは“チーン”。肉団子を煮て、オムレツを作っただけですけど。
 いずれにしても昨日で県議会の委員会も終わり、多少気持ちにも余裕がでました。

 弁当完成後は、長野電鉄朝陽駅で佐藤久美子市議、石坂ちほ党県書記長らと日替わり朝宣伝。今まで軽く会釈する程度の人も、声をかけてくれたり、頭を深く下げてあいさつしてくれたりと確実な変化を感じます。

P1080596a  午前は、議会の広報委員会の会議や党県議団の会議。午後、議会の空き時間ができた時、「アサギマダラ(蝶)が見たい!」という小林伸陽団長の一言に、思い立ったが吉日で市内七二会地区へダッシュ! 七二会のアサギマダラは、先日地元紙で紹介され、県議団の控室でも「一度行ってみたい」と話題になりました。

1444291528321  案内役は当然、七二会出身の和田あき子議員、3人の事務局のみなさんと計6名で、荒廃農地がよみがえったフジバカマ園へ。たくさんのアサギマダラが華麗に舞う姿に感激でした。
 帰りには七二会名物の「おやき」もいただき、小林団長のおかげですっかり癒されましたぁ\(^o^)/

2015年10月 5日 (月)

委員会審査 性被害から子どもを守る条例のモデルを審議

 今日から3日間は、県議会の常任委員会。今日は、県民文化部の審査でした。本会議でも論議になった「子どもを性被害から守る条例のモデル」を審議する委員会なので、テレビカメラが5台も入り終日緊張した雰囲気のなかで審議が行われました。(写真は信越放送)

1444037206853  私はまず、阿部知事の態度が今議会中に突然「条例が必要」と変わったことを追及しましたが、担当部長は「変わっていません」の一点張り。じゃあ、なぜ最初から議案説明でも「条例が必要」と言わなかったのでしょうか。

 次に県側は、17の事件を例示して条例が必要と主張していることについて。これらはいずれもインターネットによる出会いの危険性の認識や、子どもたちの身近な相談相手やコミュニティーなど県民的な運動があれば防ぐことができたことばかり。条例で規制しても根本的な解決にはならないことを指摘しました。

 やはり、この間長野県では官民一体となってつらぬいてきた「人権を尊重するがゆえに条例は作らない」という立場が大事だと思います。

 なお、一部のテレビニュースが「条例に反対の立場の発言はなかった」としましたが、これは事実とは違います。私は当然、条例の制定に反対であると主張しています。

 

2015年10月 4日 (日)

明日からの委員会審議の準備

1443947521225  長野県議会は4日間の一般質問が終わり、明日から委員会審査です。

 明日は県民文化委員会で、私は子どもを性被害から守るための条例についてただす予定です。この問題では、長野県は人権を尊重するがゆえに条例を作らないという考え方をいっかんしてとってきました。条例は、冤罪を生む懸念があり、性犯罪の根本的な抑制につながらず、教育効果を妨げ、むしろ県民運動のほうが効果が上がると考えるからです。こうした基本的な立場をまもることともに、県がだしてきた条例のモデルの中身についても問題を指摘したいと思います。

 1443947530177 6日
、7日は健康福祉委員会。介護問題で人材の確保などを取り上げる予定です。一日みっちり原稿準備。お昼は、ちかくのラーメン屋に4番目と連れ合いと行って気分転換してきたのでした。それにしてもノリが大きかったのが印象的でした。手でちぎって少しずつ食べました。

2015年10月 3日 (土)

4番目の運動会

1443863485095  ねんりんピック(県内の高齢者のスポーツ大会)の開会式に来賓で参加して、4番目クン(中2)の運動会へ。今時、運動会をやる中学は珍しいらしい。大綱引き、クラス全員でバトンをつなぐリレーが名物で、盛り上りMAX。末っ子で甘えん坊も、何となくたくましく見えました。

 午後、県政の研究会に参加し、行き付けの床屋さんでサッパリ。夕方、愛チャリで雲上殿から往生寺へ。夕暮れの市街地を眺めながら一休み。1443863495367



阿部知事の無責任

1443821630187 2日。県議会へ向かう途中でザクロの木をみつけました。

 本日は、和田あき子議員が婬行処罰条例をめぐり知事を追及しました。犯罪や性被害から子どもを守るには、規制や罰則よりも県民的な運動や業界の自主規制、行政の取り組みが大事というのが長野県のいっかんした立場でした。

 しかし、阿部知事は議会初日の9月24日に「条例が必要かどうか議論を」とモデル案を出したと発言。モデル案を出したこと自体が納得できない話ですが、その数日後には突然「制定する方向」としました。和田さんはその理由を追及しましたが、知事は答弁できませんでした。県民や県議会を愚弄した超無責任。

2015年10月 2日 (金)

県議会一般質問

Cimg5720 1日、長野県議会の一般質問。
 県内でも児童虐待は数年間で2倍以上に急増しています。ところが、対応する児童福祉司の体制は1割強強化されただけ。抜本的な対策の強化を求めましたが、前向きな答弁はなし。引き続き追及することを傍聴してくれたみなさんにお約束しました。

 本日、自民党の県議も初めて子どもの医療費窓口無料化を求めました。画期的ニュースです。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31