« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の21件の記事

2015年9月29日 (火)

支離滅裂答弁“質問の主旨がわからない”

 長野駅善光寺口で和田明子県議と朝宣伝。
 今日から長野県議会は一般質問。
共産党県議団の両角友成議員が、阿部守一知事に戦争法を強行した安倍政権への姿勢を質問したら、この答弁がスゴッ!
 「私は政党の党首ではないので、質問の主旨がわからない」「安全保障法制の勉強をしていないので責任を持って対応できません」…イヤハヤ( ̄0 ̄;

1443517692550  県議会棟では、県会議員の文化祭が開催中。共産党県議団は、小林伸陽団長が紅葉や赤蕎麦畑などの写真、備前さんが天文写真、高村さんが生け花を出品。それぞれの作品を見学してきました。

2015年9月28日 (月)

質問の日程が決まりました!

 朝は北長野駅で滝沢しんいち市会議員と宣伝。いったん自宅に戻り、朝ご飯を食べて県庁へ。
160  午前中、県庁見学に訪れた県内の小学生に議場を説明。いつもいろんな質問が出されるのですが、今日は「議場に防犯カメラはありますか?」という質問も。世相を映しているのでしょうか、ちょっとびっくりでした。ちなみに、議場には防犯カメラはありません。

 終日、共産党県議団の控え室で一般質問の準備をしました。
 私は、学校給食費の無料化、高校生の通学定期代への補助、急増する児童虐待への対応などを求める予定です。
 懇議会の共産党県議団の質問は、両角友成議員(29日1時)、高村京子議員(30日3時半)、山口(1日1時40分)、和田明子議員(2日1時)です。ぜひ傍聴にお出かけください。

2015年9月27日 (日)

久しぶりの愛チャリでヘロヘロ

 「しんぶん赤旗」の将棋大会(北信地区大会)で実行委員長としてごあいさつ。かわいい小学生たちが、お父さんやおじいちゃんくらいの世代の大人と対局し奮闘する姿がほほえましい。

1443340601162  日曜日のお昼定例の長野駅善光寺口の宣伝は、引き続き反応が強い。戦争法への怒り、日本共産党をはじめ野党がんばれという思いの表れでしょう。あちこちで視線が向けられ、耳を傾けてくれていることを肌で感じます。

 このところの運動不足を解消しようと、愛チャリ・銀の風号で地附山へ。急な登りにふらふら、ヘロヘロ。でも長野の街の眺めは最高。いい気分転換になりました。

2015年9月26日 (土)

朝から戦争法への怒り

1443217918771  25日(金)。朝から雨。朝宣伝の美和神社では、ハトが水たまりで遊んでました。
 野々村博美市議とハンドマイクで訴えていると、車の中から「アベ政治 ノー!」「戦争法案ストップ」のフライヤーを掲げ激励してくれた男性が。驚いていたら、今度は車の窓を開けてフライヤーを下げている女性も。戦争法への国民の怒りはますます広がっています。 

 長野市選出県会議員と長野市との懇談会に出席。長野市からは市長、副市長、議長、副議長、部局長さんらが参加され、建設予定の最終処分場関連の交付金、子どもの医療費への補助対象の拡大など、市の要望を受けて懇談しました。

2015年9月24日 (木)

今日から9月県議会

 連休明け、いきなり9月県議会がはじまって怒とうの一日でした。 

 朝、長野電鉄朝陽駅で佐藤久美子市議、石坂千穂党長野県書記長らと宣伝し県庁へ。

P1080510  1030分、県会議員選挙の選挙区、定数の見直しに関する日本共産党県議団の提案を西沢議長に申し入れ。提案は、1人区の解消、一票の格差の是正、現行の議員定数維持など考え方の基本を示したことがポイント。いきなり具体的な選挙区の見直し案などに入ると、そこだけが独り歩きしてしまいます。具体的な見直し案は、また改めて提案します。

 11時30分、同提案を記者発表。
 13時、本会議。
 14時、議会
広報委員会。9月県議会の様子を報告する広報の発行計画について打ち合わせ。
 14時半、地方創生総合戦略研究会。子育て支援と公共交通機関の維持を目的として、高校生の定期代補助を提案。
 16時、補正予算案のレクチャー。
 17時半、党県議団会議で一般質問の内容について論議。
 19時、県庁脱出。

 いやはや、いきなりのフル回転。休む間もありませんでした。


2015年9月22日 (火)

頭が満タン、もう無理!

 Kimg1224 県庁へ愛チャリでひとっ走り。明後日からはじまる9月定例県議会の資料を取りに行ってきました。なにしろ自宅から10分ですから、超便利というかお気楽なもの。

 6月に続き今議会も一般質問を行う予定。今回はいわゆる「地方創生」問題で、子育て支援を中心に質問したいと思います。
 学校教育費や給食費のなどの負担軽減、子どもの貧困や激増している虐待への対応、県立短期大学の四年制化などで質問の予定です。

 それにしても、質問準備で資料を読んだりあれこれ考えているうちに、夕方にはすでに頭が満タンというか、お腹イッパイというか、“無理!”宣言をしたのでした。いったいどうなることやら( ;∀;)


2015年9月21日 (月)

連休中もたたかっています!

 連休中ではありますが、昨日20日は、野々村博美市議や地元党支部の皆さんと行動。3人の方が「しんぶん赤旗」の読者になってくれました。戦争法廃止への新たな力になっていただけるものと思います。

1442829493184  今日は、共産党長野県委員会の会議。戦争法廃止の国民連合政府の樹立という胸の高まる壮大な目標にむけて新たなたたかいがはじまりました。最後はみんなでガンバロー!!

 ちなみに、24日から9月定例県議会。この連休は、議会質問の準備もしなければなりません…
(ρ_;)

2015年9月19日 (土)

下條村、南箕輪村に子育て支援を学ぶ

 18日。朝、長野電鉄本郷駅で野々村博美市議と宣伝。戦争法案を巡り国会が緊迫する中ですが、そのまま200キロ近く車を飛ばして下伊那郡の下條村へ。さらに、上伊那郡の南箕輪村を視察してきました。

1442613197558  下條村は出生率1.86(長野県下1位)で有名で、全国の自治体からの視察はひっきりなし。南箕輪村は、人口が右肩上がりに増え続けついに1万5千人を突破しています。

 両村とも18才まで医療費は無料。
 下條村は近隣の同程度の部屋に比べ半額程度の低家賃の村営マンション(2DK)、学校給食費の半額補助、出産祝い金などで、通常子ども一人の成人に1300万円位かかるそうですが村ならその半額程度で済むということでした。たしかに、これは魅力です。

 南箕輪村は、学童クラブの充実や保育料の相次ぐ値下げ、なた発達障がい児の保育への特別の体制など、働きながらの子育てに手厚い支援が行われていました。子どもたちが急速に増えるなかで、学校の校舎や施設の整備もぬかりなく行われています。

 もちろん、両村ともそのための財源の確保などいろんな苦労や悩みはあり、決してすべてがうまくいっているわけではありません。しかし、縦横斜めの切れ目のない総合的な支援が求められていることを実感。県は何をすべきが、何が求められているか考えさせられた有意義な視察でした。

 写真は伊那市の蕎麦畑。白い花が満開でした。


2015年9月17日 (木)

戦争法案参院特別委員会採決に怒!

 戦争法案を巡って国会が緊迫。“参院特別委員会の採決を許すな!” 日替わり朝宣伝の長野電鉄朝陽駅前で、佐藤久美子市議、石坂ちほさんらと訴え。県庁で質問準備。

14424919497461442491939148  夕方、戦争法案の参院特別委員会採決強行に怒!!! 集会、スタンディング、デモ行進など、5時から8時過ぎまで長野駅前で断続的に繰り返される行動に参加。

 1000人委員会のみなさんから、その場で、まさにあうんの呼吸で呼びかけられた長野駅前の「総がかり集会」では、「参院本会議も、衆院再議決も許すな!」と、民主党の埋橋茂人県議、社民党の竹内久幸県議と一緒に訴えました。

 7時からのデモ行進は参加者が膨れ上がり、沿道から拍手が声援が寄せられました。

2015年9月16日 (水)

県立短大の4年制化懇談会で

126  15日、長野県短期大学の4年制化に向けた懇談会が開かれました。理事長予定者の安藤国威氏(ソニー生命保険名誉会長)、学長予定者の金田一 真澄氏(慶應義塾大学名誉教授)が出席されました。

 私は前回の会議で、長寿、全国一低い医療費、精密機械、観光など長野県らしさ、特色が生かされる大学づくりを求めましたが、今回の懇談会で明らかにされた学部学科見直し案で「信州学」として多くの学生が学べることになりました。

 16日は、市議選バージョンのため中断していた日替わり朝宣伝を再開。野々村博美市議らと善光寺下交差点で、日本共産党が5名から7名に躍進したことを報告。終日、党県議団の会議。


2015年9月15日 (火)

阿部守一長野県知事に申し入れ

P1080447_2  9月定例県議会にむけて、日本共産党県議団が阿部守一長野県知事に申し入れをこないました。

 知事は、戦争法案に関し「十分な情報がない中で評論的な発言はできない」「国会で審議を尽くしていただくよう期待したい」と他人事。この期に及んでも態度を明らかにしないとは、事実上容認ということでしょう。
 老朽化した学校施設の改修で、知事は「確かにお金をかけなさすぎるところもある」として、前向きに検討すると答えました。
P1080400  私は、リニア計画でJR東海が「地元の理解がないと着工できない」としながら、その一方で「最終的には事業者の判断」と、地元自治体や住民そっちのけで進めようとしている問題をとりあげました。これには、沿線の大鹿村の村長も「認められない」と発言しています。
 ところが、「住民の生活への影響の回避、低減に努める」という、これまで通りの煮えたか沸いたかわからない回答。「地元自治体、住民と力を合わせてがんばります」というのが県の役割でしょう。

 9月定例会は24日から。質問準備、がんばります。

2015年9月14日 (月)

長野市議選躍進! 人間ドック

1442218355465  13日投開票の長野市議選で、日本共産党は5議席から史上最高の7議席に躍進することができました。私は野々村博美さんの事務所で開票を見守り、7名全員当選を確認してみんなで\(^o^)/ 滝沢真一さんの事務所、佐藤久美子さんの事務所を回って\(^o^)/

 選挙戦では、立候補を準備していた保守系の新人が急きょ取りやめ、無風選挙の様相に。そこで、日本共産党は、戦争法案、冷たい長野市政への市民の審判の機会が必要と、急きょ、告示8日前に7人目の候補者・おいで光さん(25歳)を擁立。その結果、自民系新友会に所属し日本会議会員の保守現職が落選。公明党は1500票の得票減でした。

 1442218369995 今日は人間ドック。予約した日に会議や出張が入り3転、4転。そのうち、いつもの病院は来年の春まで予約がいっぱいになってしまったため、高村京子県議のすすめで高村さんが看護部長を務めた上田生協診療所へ。
 ドック終了後にいただいたお弁当。美味しくて、ヘルシーでよかったのですが、やっぱりちょっと物足りない感じ。結局、「中型肥満」の警告を受けたばかりでしたが、蕎麦屋の暖簾をくぐってしまったのでした。

 おりしも、今日は6年前に大きな病気の手術をした日。こうして無事に過ごせることがありがたい。

2015年9月11日 (金)

リニア問題で質問―決算特別委員会

1441962473932 昨夜は飯田市に泊。久しぶりの飯田。朝、宿の近くを散歩しました。
 信号機を撤去した交差点(全国初のラウンドアバウト)を見て、飯田のシンボルである街のリンゴ並木へ。赤や黄色いリンゴがなっていました。

 決算特別委員会の現地調査2日目は、飯田合同庁舎。
 まずは、飯田建設事務所。今朝地元紙で報じられた、リニア建設に関する問題で質問しました。JR東海は「地元の理解が得られなければ着工できない」としながら、最後はJR が判断すると相変わらずの上から目線、一方的な姿勢です。地元の首長さんたちから、これは認められないという声が上がったのは当然です。
 ところが長野県
は、「間に入って懸念を払拭したい」とまるで他人事。「地元自治体と力を合わせてJRの姿勢をただします」と言うのが県のあるべき姿でしょう。

 児童相談所、保健福祉事務所、農業試験場も調査。

 写真は風越山(ふうえつざん)。

2015年9月10日 (木)

住宅の耐震化、リフォーム助成事業が…


 今日と明日の2日間、県議会決算特別委員会の現地調査。

1441861287499  今日は、諏訪地方事務所へ。住宅の耐震化などの「住宅対策費」が、予算928万円に対し支出は454万円で、半分も使われていませんでした。理由を質問したら、消費税率の引き上げが一番先にあげられました。こんなところにも影響が。耐震化工事は、地域経済への効果も大きいのに…。

 「住宅対策費」では、信州型住宅リフォーム助成制度の予算もあまり使われていないとのこと。理由は、長野県産材を使うことが助成の条件になっているのですが、当地には県産材を扱う販売店がないということでした(*_*) これは制度のリフォームが必要です。

 流域下水道の処理施設も視察して、飯田市へ移動。明日は飯田地方事務所です。

2015年9月 8日 (火)

病床削減の余地はなし!

 長野県議会の県民文化健康福祉委員会の現地調査二日目。

 県立駒ヶ根看護大学では、学生のみなさんと懇談も行いました。「夜勤などハードな仕事だから働き続けられるか心配」「大学内にキャッシュコーナーが欲しい」「学習室が欲しい」など、いろいろな思いや要望を聞かせてもらい、有意義な懇談でした。

1441701863438  現地調査の最後は、伊那中央病院。上伊那医療圏の病床数は679(10万人当)で県内最低です。こうしたなかで国や県がすすめようとしている病床削減について質問。川合博院長は「(余剰ベッドがあるというが)削減する余地は全くない」とキッパリ。
 写真は、血管内手術シミュレーター。

1441710937076  夕方、二日間の現地調査から長野にもどり市会議員選挙モードにチェンジ。車を飛ばし、佐藤久美子候補の個人演説会、野々村博美候補の集会でごあいさつ。

2015年9月 7日 (月)

現地調査ー児童虐待、医師不足

 Received_889771151104859 今日と明日の二日間、県議会の県民文化・健康福祉委員会の現地調査です。

 まずは諏訪地方事務所。諏訪児童相談所の説明では、虐待など養護相談が平成22年171件から26年514件に激増。でも職員体制は5人のままです。所長さんも「子どもへの支援に手が回らない。職員の健康も心配です」。

 続いて、来月14日新築オープンの岡谷市民病院。しかし産科医確保の目処がたたず、整形外科、耳鼻咽喉科も不足。医師不足は本当に深刻です。写真は、最新式320列のCT。今井愛郎県議に撮っていただきました。

 最後は、上伊那地方事務所(伊那市)。ここでは上伊那広域連合から医師確保の要望を受けました。上伊那の医師数は137.9(人口10万人対)で、長野県の平均は221.5です。そこで、数字だけではなく現場の実態をリアルにつかみたいと思い質問しましたが、具体的な話はありませんでした。深刻さが伝わって来なかった。残念。

2015年9月 6日 (日)

長野市会議員選挙告示!

1441537017106  朝8時、私が住んでいる長野市三輪地区子ども育成会の健康まつりでごあいさつ。同じ三輪でも通学区は3つに別れていますが、今日は一同に会しました。「新しいお友だちができるといいですね」とお話ししました。写真は、同じ三輪地区の高島陽子県議に撮っていただきました。

 9時、本日告示された長野市議選挙の野々村博美候補の第一声へ。野々村さんは元気一杯にたたかう決意を表明。茅野実・元八十二銀行頭取が激励してくれました。私は、「野々村さんを先頭に、日本共産党2議席増の7議席実現で戦争法案を廃案に!」と訴えました。

 10時半、豊野町で佐藤久美子候補と2か所で訴え。豊野を地元にする候補は佐藤さん一人。行きかう車や住民の皆さんから次々と声援が。文字通りの豊野の代表です。
佐藤さんの事務所でお昼をごちそうになりました。メニューは、「カツ(勝つ)」。


11951911_113332802355230_4899647276 16時15分、井上さとし参議院議員を迎えて滝沢しんいち候補と訴え(写真)。 「雨なんかに負けられません! 滝沢さん勝利のために長靴でたたかいます」と、訴えました(^o^)v

1441537000764 18時、個人演説会の案内などで訪問活動開始。雨に煙る長野市街地。

2015年9月 5日 (土)

アイロンがけで気分転換

1441459990523  明日の長野市議選挙の告示に向けて、ハンドマイクで宣伝したり、ポスターの張り替え(告示後は2名連名ポスターは禁止なので別のポスターに張り替える)をおこないました。

 最近、アイロンがけをするようになりました。シワを伸ばして折り目をつけると、気持ち良くてちょっとした気分転換になります。今日は、5枚仕上げました。

2015年9月 4日 (金)

伊藤千代子と尚絅学院

 長野電鉄本郷駅で、野々村博美市議と一緒に朝宣伝してスタート。
 共産党県議団の定例の会議を中座して、
松本市や諏訪市から県庁見学に来た小学生に県議会の議場説明。
 

 県議団の会議では、長野県短期大学の4年制化に向けた懇談会で昨日視察した宮城県名取市の尚絅(しょうけい)学院が話題になりました。
 そこで初めて知ったのですが、尚絅学院は、戦前の日本共産党の女性活動家・
伊藤千代子(諏訪市出身)が教鞭をとっていたことがあるそうです。伊藤千代子は、天皇制政府の弾圧、激しい拷問の下でも節を曲げずに最後までたたかい抜き、21歳で獄死しました。
1441363920933  あ~、知っていれば昨日の視察はもっと有意義だったかもしれないと思ったりして…。

 会議と4ラウンドの議場説明が終わり、3時少し前にようやくお昼。本日は、連れ合いの作ったお弁当でした。

2015年9月 2日 (水)

視察で青森

視察で青森
視察で青森
 朝7時40分の新幹線で長野を出発。大宮で東北新幹線に乗り換えて、12時少し前に青森に着きました。初めての青森は、時折強い雨が降りつけるあいにくの天気でした。

 長野県議会の「長野県短期大学の4年制に向けた懇談会」で、青森公立大学を視察しました。日本共産党県議団から高村京子議員と二人で参加しました。

 視察で強く印象に残ったのは、理事長が教育研究も経営も文字通りトップとして強い権限を持っていることと、就職率向上のための様々な取り組みでした。伸び伸び、自由に教育研究色できるのかということなど、色々考えさせられました。

 明日は、仙台です。

2015年9月 1日 (火)

小学生の社会見学

1441113722828  朝、玄関の珍客に見送られ県庁へ。

 長野県庁の見学に訪れた小学生に、県議会や議場を説明しました。議会広報委員の役目の一つです。
009  本日は、諏訪市城北小学校と木曽町開田小学校。開田小の4年生総勢11名は、朝5時半に出発したそうです。雨の中、遠くから本当によく来てくれましたと心を込めてごあいさつしました。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31