« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

凍み大根

1425164008095  鬼無里へ。北アルプス白馬連邦が美しい。訪問先で、お婆ちゃんたちがお茶会中でした。誘われるまま、上り込んでご馳走になりました。テーブルの上には、凍み大根、ミズアザミ、浸し豆など、郷土料理の数々が並べられていました。そして、はじめていただいた凍み大根の美味しいこと。鬼無里の風土、歴史が凝縮されているような気がしました。

 お茶と美味しい郷土料理をいただきながら、神城断層地震で被災した中学の体育館が、未だに復旧されないことや、家やお墓にも手がつけられないことなど切実な声が寄せられました。同行した佐藤久美子市議と対応を約束。這うように歩くことが大事です。

2015年2月27日 (金)

せめて年に一回の旅行くらいは…

1425026313584  午前中は戸隠で活動。庭先で作業をしていた農家の男性は、例年の1・5倍くらい雪があり、農作業の遅れが心配ということでした。まだまだ冬景色の戸隠でした。

 午後は、小集会と訪問活動。
 「私は、決して努力をしなかったわけではありません。自営業ですが、一生懸命に働いてきました。しかし、わずかな年金でとても暮らしていけません。せめて、年に一回くらいは旅行も行ってみたい。若いころは苦労したけど、頑張ってきてよかったと思えるような社会にしてください。今は夢も希望もありません…」。
 今日も、年金や医療、介護など社会保障の現実を告発するたくさんの声をお聞きしました。

2015年2月26日 (木)

手づくりお焼きに感激!

 日替わり朝宣伝、午前は商店街の訪問活動、続いてティールームでランチ小集会、支持者のお宅にご近所のみなさんが集まってくれたお茶会と、忙しく駆け回りました。

1424949328120  本日の最終ラウンドは、夕方6時から農村部で訪問活動。行動前に腹ごしらえをと、案内役の農家の方の奥さんが、信州の名物・手作りのお焼きを用意してくれていました。心のこもった差し入れ。具の野沢菜も皮も最高。 本当にありがたいです。

2015年2月25日 (水)

精米に行く

 上松交差点で日替わり朝宣伝。県議会で、日本共産党の藤岡義英県議の代表質問を傍聴。

1424860633199 事務所でおいしい炊き出しをいただき、午後からお休みヽ(^。^)ノ 
 家や車を片づけてスッキリ。灯油を買い、先日なくした鍵のスペア―をつくり、コイン精米所へ。

 それにしても、30キロの袋がパンパンになるほどいっぱいに入っていたおコメも、モミから精米すると半分くらいになってしまいます。なんとなく残念というか、ちょっとショック…。

2015年2月22日 (日)

知事の後援会の女性も

1424597256782  厳しい冷え込みが続いた長野もすっかり春めいた陽気に。いよいよ“脱”防寒ブーツです。それにしても愛用のブーツは、もう何年も履いていてだいぶ疲れてきました。

 今日も面白い出会いがありました。知事の後援会に入っているという女性ですが、子どもや障がい者の医療費窓口無料を実施しないことに、人の痛みが分からないと怒り心頭。さらに、「答弁も生ぬるくて煮え切れないし、国にものが言えないような知事はいらない」とキッパリ。知事の後援会をやめることを宣言し、必ず県議会に行ってほしいと力強い激励を受けました。



2015年2月20日 (金)

サバ缶

 1424474613128 本日の山口事務所の炊き出しメニューは、おすいとん。お団子はプリプリで野菜たっぷり、そして意外や意外だったのがサバ缶でした。おすいとんにサバ缶、まだ体験されていない方はぜひ一度お試しを。きっとハマることでしょう。


 このおすいとんをフェイスブックに投稿したところ、長野はサバ缶の使い方が上手だというコメントをいただきました。そう言われてみれば、春の北信濃の名物タケノコ汁もサバ缶が使われています。長野県民はサバ缶好きなのでしょうか?

2015年2月18日 (水)

30年の介護生活

 日替わり朝宣伝は、上松交差点。降り出した雪に体もすっかり冷え込んで、自宅に戻って温かいお風呂につかり体を温めました。

 訪問活動の一コマ。足を引きずりながら出て来てくれた女性は、夫を30年以上自宅で介護したそうです。看取った時は、家を建て直すための貯金も底をつき、痛む足や腰を治療したくても、わずかな年金も減らされてそのお金もないと話されました。医療、年金、介護、福祉…、手当たり次第に社会保障を削る安倍政権は、こうした国民の訴えをどう聞くのでしょうか。本当に怒りがこみ上げます。

2015年2月14日 (土)

農業シンポ 灯明まつり

1423953781685 1423953770047  午前中は後援会の集会であいさつ。

 午後、紙智子参議院議員を迎えた農業シンポジウム。紙さんは、安倍内閣の農協「改革」の狙いが、TPP反対の司令塔つぶしであり、日米業界の求めに応じ企業本位の農業を狙うものだと訴えました。

 夜、訪問活動の後、長野灯明まつりをのぞいてきました。降りしきる雪の中、ライトアップされた善光寺が幻想的でした。

2015年2月12日 (木)

めでたく“再会”。あースッキリ

 長野電鉄朝陽駅で日替わり朝宣伝。車の運転席から手を振ってくれる激励が多くて(^^)v

 午前中は、党長野市議団がおこなった介護事業所の運営の実態や介護報酬の引き下げの影響などに関する事業者からの聞き取りに同席。

 午後は、2カ所で小集会。古くなった公営住宅の建て替えにともない、高齢者や障がい者まで車で30分、1時間もかかるような遠くの公営住宅に転居が迫られている実態をお聞きしました。仕事や病院など通えなくなってしまいます。原田のぶゆき市議と対応を検討しました。

 夕方の訪問活動でうれしい出合いがありました。野々村博美長野市議と訪ねたお宅で玄関に出てきた女性は、昨年小集会に参加してくれた人でした。その時はビラを見て来たというだけでお名前もお宅もわからずじまいで、しばらく気になっていたのですが、めでたく“再会”できたのです。あースッキリした(^^)v

2015年2月11日 (水)

大激戦!

 今朝の新聞に、4月の県会議員選挙長野市区の新たな立候補予定者の名前が上がっていました。これで、定数10に15人が挑むことになります。
 訪問活動をしていても、「申し訳ありません、別の人を支持していますので…」などの返事が増えています。大激戦を肌で感じます。

 今日は、訪問活動を2ラウンド。人の流れの多いところを狙って「どこでも宣伝」7回。女性団体の集会であいさつ、打ち合わせ…。フル回転です。

2015年2月10日 (火)

リニアで国土交通省から聞き取り

 長野駅善光寺口で、石坂ちほ県議、野々村博美市議らと日替わり朝宣伝。

 上京し、リニア新幹線に関する国交省からの聞き取り調査に参加。
井上さとし参議院議員、藤野やすふみ、本村伸子両衆議院議員の豪華メンバーに、党長野県会議員団、関係市町村の党議員もいっしょでした。

 トンネル工事で出る大量の残土の埋め立て候補地に、土砂災害の特別警戒区域の沢があがっていたり、搬出用のトラックが一日千台以上も山あいの村や観光地を走り抜けるなど、環境破壊や安全面で様々な問題が指摘されています。しかし、工事を認可した国交省のお役人は、住民の不安や疑問はまるで他人事でJR東海任せ。それどころか、JR東海はよくやっていると言わんばかりでした(-_-#)

 国交省からの聞き取り踏査を中座して、長野にとんぼ返り。夜は、小集会で、長野県会議員選挙の争点や日本共産党の政策についてお話しさせてもらいました。


2015年2月 9日 (月)

介護施設の現場で

 今朝の長野市の最低気温は-5.6℃。厳しい冷え込みが続きます。

 日替わり宣伝は、稲田地区。「子ども、障がい者の医療費の窓口無料化を」「国政にも県にもモノが言える人を」の2本の大型横断幕がデビューしました。オレンジに白抜きが目立ちます。

 午後1時過ぎまで会議で、昼食、移動を速攻でこなし3時から介護施設を訪ねました。党長野市議団に同行させてもらい、施設長さんと懇談しました。
 4月からの介護報酬の引き下げについて現場の声をお聞きしようと思ったのですが、施設長さんにはまだ詳しいことがわからないとのことでした。しかし、介護現場の最も深刻な問題である人手不足の実態をお聞きすることが出来ました。「とにかく、行政のみなさんは現場に来て話を聞いてほしい。それが一番の願いです」と強調されました。

 夕方からは、石坂ちほ県議、野々村博美市議らと訪問活動。雪が吹き付け完全に体が冷え切り、2時間の行動予定でしたがあえなく途中でギブアップしたのでした。

2015年2月 8日 (日)

山口のりひささんを励ます新春のつどい

 会場いっぱいにお集まりいただいた300人のみなさん、そして企画していただいた実行委員会のみなさんに心から感謝いたします。
 男声合唱団・純のみなさんの平和を願う歌声に感動しました。そして、パワーポイントで山口のりひさ物語を上映していただき、石坂ちほ県議との対談も行いました。

 私は、山口のりひさを知っていただければと思い、少し恥ずかしかったですが、生い立ちや、この20年来の様々な活動、6年前に体を壊したときの体験なども話をさせていただきました。
 ちなみに、山口のりひさ物語、対談をベースに、山口を知っていただくパンフレットも発行していただく予定です。よろしくお願いいたします。

2015年2月 7日 (土)

共産党は好きじゃなかったが…

 午前中、中野さなえさん、原田のぶゆき市議、滝沢真一市議予定候補や支部のみなさんと宣伝や訪問活動に、総勢9名でにぎやかに取り組みました。普段あまりお会いする機会のない同年代の男性のみなさんが、歓迎してくれたり、快く支持を約束してくれたのがうれしかったです。中野さなえさんのブログをご覧ください。

 午後は小集会。石坂ちほ県議、佐藤久美子市議と参加しました。
 保守的な地域と聞いていたので不安でしたが、初めて共産党の集まりに出たという人も多く、年金や社会保障の財源、雇用問題などで話が盛り上りました。地域の党支部のみなさんは、この小集会のために一生懸命にお誘いしをして歩きました。
 「共産党は好きじゃなかったが、今日はいい話を聞けて良かった。応援します」など、みなさん喜んで帰ってくださいましたヽ(^。^)ノ


2015年2月 5日 (木)

余計なことを言ったから…

 終日、訪問活動。先々でイスラム国の日本人人質事件が話題に。「2億ドル支援なんて余計なことを言ったからだ」、「アメリカの仲間だと思われない方が良い」、「罪を償わせるなんて、安倍さんは怖い」…。「テロに屈せぬ」と言う安倍首相に不安と批判が広がっています。


2015年2月 4日 (水)

スタミナメニュー

1423048197395  本日の夕飯です。適当にやろうと思っていたのですが、いつの間にかスイッチが入り、チャーハン、ササミとサツマイモの天ぷら、とん汁と、豪華スタミナメニューになっていました。味は自信ありませんが、ウルトラ食べ盛りの子どもたちは満足してくれたようです。いい気分転換になりました。

2015年2月 2日 (月)

白馬村の仮設住宅のみなさんと

1422878486510_2  白馬村へ。党県会議員団のみなさんと、昨年11月の神城断層地震で被災した仮設住宅のみなさんから要望をお聞きしました。
 高齢者も多く「住宅の再建はできません。復興住宅をつくって欲しい」など、切実な願いが次々と。早速、村長さんにご報告。県や国にも届けたいと思います。

 日替わり朝宣伝、会議、白馬村、打ち合わせと駆け抜けた一日でした。

2015年2月 1日 (日)

医療費の窓口無料化

 長野駅善光寺口で石坂ちほ県議、野々村博美市議らと毎週日曜日お昼の宣伝。

 子どもや障がい者の医療費の窓口無料化を訴えていたら、横断歩道の向こうから手を振ってくれた女性がいました。信号が青に変わるとその女性は歩み寄り声をかけてくれました。
 障がいを持つ子どもさんの医療費が毎月6、7万円にもなるそうです。後から返還されるのですが、一端支払うのも大変なので最初から無料にしてほしいという要望(窓口無料化)でした。

 車イスの男性は、何度か行ったり来たりしながら最後に声をかけてくれました。65歳になると福祉サービスが介護保険に切り替わり、現在受けている必要なサービスも受けられなくなり、大変困るというものでした。

 街頭で40分ほど宣伝しているだけでもこうした要望が寄せられるのですから、実態は相当切実だということでしょう。もっともっと、みなさんの間に入って行ってその願いを受け止めたい。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31