« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

”ポータブル国会”

 面白かったのは下校中の二人の小学生の男の子。宣伝カーの看板を見上げて、「消費税反対って書いてない!」。「ドラえもんのポータブル国会がほしいな」。そして、「消費税反対!」とコールしながら通りすぎて行きました。どうやら“ポータブル国会”で消費税をゼロにして、のび太が大好きな遠くの叔父さんに会えたドラえもんお話のようです。

1414725592341  朝の日替わり朝宣伝後、4ラウンドの行動。宣伝カーのアンプが壊れて、街頭宣伝から急きょビラの配布作戦に変更したり、今日もいろいろありました。写真は、訪問先のお宅が丹精込めてつくった菊です。見事でした。

2014年10月30日 (木)

朝陽駅

10302  長野電鉄朝陽駅で日替わり朝宣伝。いつもは愛チャリですが、今朝は、なんとなく自宅近くの善光寺下駅から電車で行ってみました。朝陽駅まで4駅、10分位のわずかな時間ですがなんか新鮮な感じでした。ちょっとレトロな駅舎がいい雰囲気です。

 訪問活動では、大歓迎してくれた方がいました。今までいろんな選挙でずっと応援をしてくださっていたそうですが、はじめて顔を見れたと大変喜んでくれました。うれしさとともに、今度こそ、期待に応えたいという思いがわいてきます。

 10301 空き時間に、自宅に近い善光寺、城山公園を散歩。いつのまにか、すっかり秋が深まっていました。

2014年10月29日 (水)

長野市で初霜

1414573747084  今朝の長野市の最低気温は1.8℃で、初霜も観測されたそうです。日替わり朝宣伝は、石坂ちほ県議、野々村博美市議と「寒いネェ~」「寒い寒い」。

 訪問活動で、出荷作業真っ最中の巨峰をいただきました。今年は天候不良で色づきが半月ほど遅れ、木になったまま熟れすぎて出荷できないものもあるそうです。難しいものですね。コメ、リンゴ、ソバ、そしてブドウも価格の低迷や収量減で農家は深刻です。

Imgp5497_2  今日は、女性関係の共産党後援会の集まりに参加。石坂ちほさんがパワーポイントで長野県政と日本共産党の役割を報告、私は和田あき子県議とともにあいさつさせてもらいました。それにしても、女性ばかり見つめられ緊張しました。

2014年10月27日 (月)

朝からちょっとバテ気味の日

 愛チャリ「銀の風号」で出動。JR三才駅で朝宣伝して、事務所へ。走行距離約15kmでちょっとバテ気味でした。朝から張り切りすぎた。

 午前中の会議を終え、午後から野々村博美市議と農業者を訪問。日本の農業の主役である家族農業、国土と環境を保全するかけがえのない役割を果たしている中山間地農業をどうやって守り、再興していくのか、先々で短時間ながら意見交換ができました。やっぱり、所得の保障がカギだと感じました。どこでも話が弾みたちまち意気投合、心が通います。

1414403060041  写真は、鬼無里の農家で見せていただいた小水力発電。イノシシなどの有害獣対策の電気柵や育苗用の電力を補っているそうです。急傾斜地の利を生かした自然エネルギーで、これだけで70Wの発電量を確保することができるそうです。

2014年10月26日 (日)

「つどい」がカッパエビセン状態に

 午前10時から、野々村博美長野市議のお宅で開いた「つどい」。  「長野市にも設備の整った病院を」「なぜトヨタ自動車は法人税がゼロなのですか?」「オレオレ詐欺に騙されそうになりました」「県会議員選挙の争点は?」…参加者は少人数ながら(少人数だから?)、とにかく要望や疑問が次々と出されて、“やめられない、止まらない”カッパエビセン状態に。話題にのぼったテーマの数は、私が経験した「つどい」のなかで最高だったと思います。気が付けば、すでにお昼を過ぎていました。  午後から、長野市業者後援会の集会で和田あき子県議とともにごあいさつ。“大門節”(大門実紀史参議院議員)が絶好調で、普段はあまり聞くことのできない安倍首相や他党議員とのやり取りのおもしろいお話を、みなさん食い入るとように聞いていました。夜は、原田のぶゆき市議と訪問活動。

 


 

2014年10月25日 (土)

“偏見や差別があったらサッカーは成立しない”

1414236554193  しんぶん赤旗日曜版10月26日のJリーグ村井満チェアマンのインタビューがすごくよかった。“偏見や差別があったらサッカーは成立しない”“相手を尊重する心持って”…。差別根絶への村井氏の思いに感銘を受けました。“自分を支えてくれる存在”を忘れずにいたいと思います。

 市内の党支部が「山口のりひささんと語るつどい」を開いてくれました。
 「つどい」では、原田のぶゆき市議、滝沢真一市議候補があいさつ、私は日本共産党のくらしと経済を立て直す「4つの緊急提案」を紹介しました。

 参加者からは、「わずかな国民年金で、医者にもかかれない。憲法で保障された最低限度の生活も送れない」「建築後50年近い公営住宅を立て直してほしいが、そうなると家賃が高くて払えなくなる」など、社会保障や公営住宅をめぐる要望や訴えが相次ぎました。また、「いろんな悩みや苦しみは、結局共産党が強くならないと解決しないと思った。政権とまでは言わないが、せめて国会議員や県会議員も今の倍くらいは欲しい」という期待も寄せられました。

 支部では、「つどい」に向けて200枚のお誘いビラを配布。つどいの会場で、日曜版の読者も増えました。めでたし、めでたし。

2014年10月24日 (金)

楽しかった「消費税と社会保障を考えるつどい」

 市内の団地で開かれた「消費税と社会保障を考えるつどい」で、くらしと経済を立て直す日本共産の4つの提案を紹介させてもらいました。

 小人数だったのでみんなが気軽に発言できて大いに盛り上がりました。「大企業への減税をやめて、儲かっているところからとるべきだ!」など、ズバリ本質を突いたついた発言で全体をリードした人は、共産党関係の集まりは初参加とのことでした。

 私の話をうなずきながら聞いてくれ、「消費税が8%になって、買い物でもその負担の重さをずっしり感じています。普段いろいろ疑問に思っていたこともスッキリしました」と笑顔で語った女性は、野々村博美市議も知らない人で、地元の党支部の人も「誰でしょう?」。お配りしたチラシを見て参加してくれたようですが、結局最後までわからず。

 安倍政権を追い詰める草の根の発言や行動がジワジワ広がっています。

2014年10月23日 (木)

ムクドリ

1414061491938  日替わり朝宣伝後、午前中は会議。大急ぎでお昼を食べて、午後から訪問作戦。

 夕方の会議に向かう途中、ムクドリの集団に出会わす。とにかくチュルチュル鳴き声がにぎやかで、大きな黒い帯が空に舞うように飛ぶ姿がスゴい! 毎年この時期になるとみられる光景だけど、何をしているのだろう?

「女ざかり」(丸谷才一)

 日替わり朝宣伝の後、夜の労働者後援会の集まりまで家でのんびりしました。

 1413947553629 午前中は、古本屋の100円コーナーでなんとなく買った「女ざかり」(丸谷才一)を読みました。
 政府から新聞社への土地の贈与をめぐり話が展開されますが、これは小説の中の話ではなく現実のようです。土地まで提供されていたら、人事まで介入されるようになり、政府の顔色ばかりうかがって、まるで政府の広告代理店のようになるのは当たり前ですね。“日本の政治は贈与によって機能している”と、ズバリ指摘している部分もありますが、この二三日の閣僚辞任劇も相まって興味深く読みました

 午後は、ちょっと買い物。先日、日替わり朝宣伝中にオジサンから「もっといいジャンパーを着ろよ」とご指摘をいただいたので、思いきって真っ赤なジャンパーを購入しました。この歳でこれを着るのは、恥ずかしいというか勇気が必要ですが、他にパッとした色のものがなくとにかく目立つことが肝心かと…。
1413959654729

2014年10月21日 (火)

 “赤旗新聞が資金源なんでしょ?”

 長野駅善光寺口で日替わり朝宣伝。朝の冷え込みに、思わず車のヒーターを入れました。あぁ、寒い冬が来るのかなぁ…。

 【終日訪問活動~今日もいろいろありました】

 その① “赤旗新聞が資金源なんでしょ?”
 案内役の地元の方もはじめてのお宅で、「オレ、共産党好きだよ。赤旗新聞が資金源なんでしょ。頑張って」と日曜版を快く購読してくれました。小渕大臣や松島大臣の相次ぐ辞任など、政治とカネ問題で日本共産党が改めて注目と期待を集めていることを実感しました。

 その② 娘の同級生の家だった
 商店街であるお店に入ったら、旦那さんが私の顔を見るなり「山口さんでしょう? 最近引っ越しされたそうですね」など、私の情報にやけに詳しい。「???」と思っていたら、わが家の長女とそのお店の娘さんが中学時代の親友でいまも交流があるとのこと。「申し訳ありません。存じませんでした」と笑って謝りながらも、しっかり激励していただきました。娘に感謝。

 その③ 歩道の段差の相談
1413879407364  あるお店の奥さんから、店の前の車道と歩道の段差が10センチ近くあり、自転車が転んだりして危険なので改修してほしいという要望が寄せられました。市会議員さんを通じて市役所に相談してもらうようにしました。

 

 

2014年10月20日 (月)

もっといいジャンパー着ろよ! 意気投合の農家訪問3日目

 日替わり朝宣伝は、原田のぶゆき市議、滝沢真一市議候補と若槻大通りで。そして最後まで聞いてくれていたオジサンが私に一言。“もっといいジャンパーを着ろよ。金がないのか?”。意外な一言にちょっとショック(゜_゜;)

1020  午後一時まで会議。終了後、今日も農業関係者を訪問。コメ、リンゴの価格暴落や低迷に加え、今日はソバが収量減であることを聞きました。加えてクマなどの有害鳥獣ですから、長野市の農業の実態は本当に深刻です。

 御殿のようなリンゴ農家で、リンゴの価格の低迷から始まって、TPP、中山間地農業、後継者問題など玄関先で大いに話が盛り上がり、意気投合。最後は、「一軒、二軒の農家がどうなるかという問題ではない。農業の現状は、国家の在り方にかかわる問題。共産党に頑張ってもらうしかない」と、握手まで求められ感激でした。

草木染の屏風絵

1019_640x480_2  草木染の屏風絵に感動しました。見後な色合いと精密な図柄。完成後、時間が経つにつれ光沢がますそうです。まさに生きている自然の芸術。共産党の地域後援会の集まりに、お近くにアトリエを持つ作家の方が貸してくださいました。

詳しくは、中野さなえさんのブログをご覧ください。

2014年10月18日 (土)

秋晴れ、漫画の宮沢賢治、クマが10日連続出没!

1413632098063_3 午前中は、戸隠、鬼無里へ。石坂ちほ県議、佐藤久美子市議、党支部の方々と宣伝カーで訴えていると、老舗のそば屋の大旦那さんが出てきて激励してくれたり、反応はgood! とにかく見事な秋晴れで、大望峠からの戸隠西岳連峰のパノラマは圧巻でした。この美しい自然に生命力を与えられるような気さえします。

 午後、「しんぶん赤旗」日曜版の読者を訪ねたところ、「最初は難しい新聞だと思ったのですが、だんだん慣れて、対談とか娯楽面とか充実していて楽しくなりました。特に今気に入っているのは、漫画の宮沢賢治短編集。とっても親しみやすく猫たちの表情も豊かなので、賢治を身近に感じてもらうために塾の生徒たちに読んでもらっています」とうれしいお話でした。

 夜は農業関係者を佐藤市議、党支部の方と訪問。コメだけでなくリンゴの価格も暴落していることや、連続10日間もクマが出てリンゴ畑が荒らされていることなどはじめてお聞きするお話に驚きやショックも。「長野市は何もしてくれない」など、市の農業政策に批判的な意見も多かったのが印象的でした。
 いずれにしても、とっても濃い一日でした。

2014年10月17日 (金)

山あいの集落が楽しい

1413550245073_3  沖縄から帰り、一気に日常に戻りました。
 今朝は長野電鉄本郷駅で日替わり朝宣伝をして、山あいの集落で訪問活動。平日の昼間だから、お会いできるのは高齢の方がほとんど。でも、熊の出没から地球の温暖化問題に話がすすんだり、年金の削減から膨れ上がる大企業の内部留保に話が発展したりなど、面白いほど話がはずみます。

  夜、佐藤久美子市議と訪問先の農家でいただいた巨峰。口の中で、フルーティーで濃い独特の甘酸っぱさが広がります。夜8時でも出荷準備で忙しそうに作業されていました。連日夜中の12時までがんばっているそうです。

命どぅ宝

Photo_2  16日。糸満市にある平和祈念公園の平和の礎。18年ぶりです。たくさん並んだ石碑には、国籍や軍人、民間の差別なく沖縄戦で亡くなった24万人の一人ひとりの名前が刻まれています。ここに立つと“命どぅ宝”の言葉の重みがズシリときます。

 あっという間に2泊3日の沖縄訪問は終了。お昼の便で戻りました。

2014年10月16日 (木)

沖縄報告2

沖縄報告2
沖縄報告2
 名護市辺野古の新基地建設反対の座り込みテントを訪問。海上抗議船の平和丸に乗船して、海上から新基地の建設計画を調査。ハマサンゴ、ジュゴンの餌の海藻もみることができました。まさに宝の海。

 続いて名護市役所で親川敬副市長さんと懇談させていただきました。親川さんは、「3回も新基地建設反対の民意を示しても変わらない」と基地を押し付ける政府や県を批判。名護市からはじまった“オール沖縄”の流れをいっそう広げたいと語られました。

2014年10月15日 (水)

沖縄知事選挙

沖縄知事選挙
沖縄知事選挙
 沖縄に来ています。
台風の影響で飛行機の欠航が心配でしたが、半日前に台風は通りすぎてくれ無事に来れました。

 夕方の便で那覇に着いてそのまま日本共産党沖縄県委員会へ。12日の赤旗信州秋まつりの会場で寄せられた、沖縄県知事選挙の連帯募金をしっかりお届けしました。応対していただいた村山純副委員長さんから、「負けないで」「共産党がんばれ」という熱い思いが寄せられていることをお聞きしました。

 次に、知事選挙の本部事務所を訪問。オナガ雄志さん御本人にもお会いし、お話しをお聞ききすることができました。
 オナガさんは、県民の安全など全く無視したオスプレイの傍若無人な飛行訓練や、基地の永続化を狙うアメリカと日本政府のたくらみを話されました。県民が一つになってたたかういい形ができてきたと、力強く語られました。
 分刻みで動くオナガさんと、最後に硬い握手をさせてもらいました。

2014年10月13日 (月)

赤旗信州秋まつり

Photo  第37回赤旗信州秋まつりは、3千名の参加で盛大でした。笠井亮衆議院議員の記念講演、井上さとし参議院議員の国会報告は、国内外の政治情勢の激動のもと、日本共産党の存在意義と役割がますます高まっていることを実感。会場も大いにわきました。

 私は、「立ち上がる青年 VS JCP」にオジサン代表で出演、机に置かれた「グチヒサ」のネームプレートを記念に頂きました(^o^)v

2014年10月11日 (土)

戸隠から豊野へ

10112  午前は、戸隠へ。戸隠連邦の山肌もくっきりスッキリで美しい。地元の後援会のみなさんと総勢7名で訪問活動をおこないました。
 「コメも野菜も果物も、もう農業では食べていけない。働く場もないから若者は出ていくばかり」、「合併した中山間地は切り捨てられるばかり」…。美しい自然環境のもとでも、くらしの厳しい現実が突きつけられます。
10111  お昼は宝光社の「よつかど」。やっぱり戸隠そばはウマイ!

 午後からは、豊野町で訪問活動。自民党の支持者の方は、「票はやれないが」といいながらもお茶まで入れてくれ笑顔でいろいろ話してくれました。今日面白かったのは、ご住職と庭先で仕事をしていたお母さんから相次いで「安倍内閣はやりたい放題。野党がまとまって立ち向かうように共産党ががんばってほしい」と語られたことでした。

 よく歩いた一日。万歩計も9千歩。




 

2014年10月 9日 (木)

安易で危ないリニアの残土処理

 リニア中央新幹線のトンネル工事では、膨大な量の残土が発生します。その処理が問題になっているなかで、残土を利用する候補地として名前があがっている場所のうち長野県松川町、豊丘村、下條村の6カ所の調査を行いました。

1009  調査した場所は
いずれも残土で沢(洞)を埋め立てる計画になっているところですが、36災害(昭和36年の豪雨災害)で土石流が発生し、すぐ下の集落が壊滅的な被害を受けた沢であったり、急な勾配の深い沢ですぐ下に集落があったり、村一番の良質な地下水の水源もありました。さらに、こうした沢はいずれも天竜川に流れ込みますので、残土による汚染は下流域の水道水も危険にさらします。

 一日歩いただけですが、残土処理があまりにも安易で、様々な問題があることを痛感しました。引き続き、調査や研究が求められます。

 今日の調査は、水野ちかあき党飯田下伊那地区委員会副委員長(県議予定候補)、党飯田下伊那地方議員団、松島信幸伊那谷自然友の会常任委員のみなさんとともに行いました。

 

2014年10月 8日 (水)

戦闘機?

 日替わり朝宣伝後、ただちに移動して9時から訪問活動。集まった6人が二組に別れて出発。新築のお宅の奥さんは、「景気がいいなんて大きな所だけ。日本を支えている庶民は、苦しくなるばかり。共産党はいいこと言っているのに、なぜ大きくならないのかなとよく話になっています」と語りました。長野市内でも、保守の影響力が強いところだけにウレシイ話でした。

 ところで、この訪問活動中、丁度11時頃、戦闘機と思われるものすごい爆音。目撃されたかたがあったら情報をお寄せ下さい。

2014年10月 7日 (火)

ハンバーグは難しいや

Photo  本日はハンバーグ弁当。でも、ハンバーグのあの旨みが出せない。ヤッパリ難しいや。日替わり朝宣伝は石坂ちほ県議、野々村博美市議と長野駅善光寺口。石坂さんが訴えていたら、拍手をしながら通りすぎる女性も。今日も朝からウレシイ出来事。

 “ツールド野尻湖”。自宅を愛チャリ銀の風号で出発、若槻大通り(県道50号線)を走り2時間ちょっとで信濃町。途中、飯綱町に入る登り坂が一番つらかった。小林一茶の旧宅(写真)でひねったが残念ながら一句は生まれず(;_;) 野尻湖まで足を伸ばしました。

1412677779371


2014年10月 6日 (月)

恐るべし80歳‼

 

午後1時過ぎまで会議。速攻で昼飯を食べて午後の訪問活動へ。

 今日の案内役は80歳をクリアーした大先輩で、ゲートボールやストレッチ体操、公民館活動など現在もバリバリの現役です。行く先々でお仲間のみなさんは笑顔で迎えてくれ、日頃のお付き合いと信頼の深さを実感しました。

 歩き続けること1時間半。こちらが先に音を上げそうになりました。恐るべし80歳‼

2014年10月 5日 (日)

健康チェックをする(^_^;)

1005_2  午前は野々村博美市議と訪問活動。午後は長野県協同組合フェスティバル(長野市 エムウェーブ)をのぞいて、夕方から後援会の方の案内で訪問活動でした。“雨にも負けず…”の精神でしっかり歩いた一日、万歩計は1万歩をこえました。「共産党がもっと大きくなってくれないと困る。3議席、4議席取るくらいになってほしい(現在長野市で2議席)」という期待の声ががうれしかった。

 長野県共同組合フェスティバルは、信州の特産品の販売から、様々な共同組合の活動紹介まで多彩なイベントが山盛りでした。学生時代に一緒に活動した仲間や、上伊那で活動していたころの仲間にも久しぶりにあうことができました。
 医療生協のブースは顔見知りも多く、すすめられるままに健康チェックしてもらうと、血圧と体脂肪が…。気を付けます(^_^;)

2014年10月 3日 (金)

長野県議会代表質問

 本日も愛チャリ・銀の風号でスタート。長野電鉄本郷駅で、石坂ちほ県議、野々村博美市議と日替わり朝宣伝。今朝もにぎやかで、「がんばれよ!」と声をかけてくれた軽ワゴンの男性、わざわざ車を止めて窓を開け激励してくれた高級車の男性、ペットボトルのお茶を差し入れてくれた女性も。

 午後、長野県議会の日本共産党両角友成県議の代表質問を傍聴。集団的自衛権や消費税再増税などへの見解を聞かれても、阿部知事は「国が判断すること」「国の慎重な審議を望みます」などとまるで他人事でまともに答えません。「ご指摘はあたらない」と繰り返す安倍首相とまったく同じで、有権者の声を受け止める気も、反論する能力も意思もなし。

 約1時間半の代表質問を終えて、共産党県議団の6氏がそろって傍聴にかけつけたみなさんにごあいさつ。小林伸陽県議の「阿部県政はすっかり自民党県政になりました」は、まったく同感でした。安倍政権も安倍政権なら、阿部県政も阿部県政。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31