« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

先々で語られる身内の共産党員のこと

今日の訪問活動もおもしろかった。広~い庭園に小川が流れ、様々な草花が咲き誇るお宅は、地域を代表する名家だそうです。しかし意外なことに、その豪邸のご主人が自分の兄弟だと名をあげた人は、大資本の思想差別とたたかいぬいて勝利した日本共産党員でした。これには私はもちろん、石坂ちほ県議や佐藤久美子市議もビックリでした。

 ある寺院のご住職は、4人の幼い子どもを残して戦死した兄弟の話をしてくれました。そしてその残された子どもの一人が、石坂さんがいっしょに活動したことのある日本共産党員で、ここでもみんなビックリでした。この人は、身寄りのない同僚が亡くなった時、葬儀を出してやってほしいとご住職に頼むほど思いやりのある人だったそうです。

 いうまでもなく、安倍政権の暴走政治に立場や考え方を越えて不安が広がっています。そして、その危険な暴走に立ち向かい対決する党として、日本共産党への注目や共感も寄せられています。私たちの訪問に自分の身内の共産党員の話をしてくれるのも、その一つかもしれません。

2014年4月28日 (月)

労働者の団結・「大盛り」カップラーメン!

 日替わり朝宣伝→事務所で会議→お昼のお弁当は鶏の照焼き。我ながら上出来だったが、初挑戦の切干大根はかたくて味も全然だったし。まあ、いいや。

 午後は中野さなえさん、党支部の仲間と訪問活動。あるお宅で「共産党の山口のりひさです。ごあいさつにうかがいました」とインターホンで話すと、「結構です」というつれないお返事。しかし、ここであきらめるわけにはいきません。「消費税増税反対の署名をお願いできませんか」と訴えると、奥さんは玄関を開けてくれ、安倍内閣の暴走政治で話しが盛り上がり、最後は「しんぶん赤旗」日曜版を購読までいってしまいました。めでたし、メデタシでした。

 夜は、とある職場の党支部の会議。話には聞いていましたが、会議をはじめる前に恒例のカップラーメンで団結をかためました。私の分もちゃんと用意していただき、しかも「大盛り」。ありがたや~。

 そしてみんな食べ終わると、いきなり本題に入ります。この一週間で山口の支持を何人にお願いし、相手の反応や結果はどうだったか…。なにしろ支持の約束をゲットする目標をいつもの1.5倍に引き上げたといことで、みんな真剣そのもの。さすが戦闘的というか、労働者的というか、頭が下がります…。今度、訪問活動の案内をしていただくこともお願いしましたが、はたして私はついて行くことができるでしょうか? 

2014年4月26日 (土)

しんぶん「赤旗」日曜版823円。「まじめですね」

 今日も愛チャリで出動。9時半に訪問活動の案内役のMさんのお宅に行くと、「自転車でまわります」宣言。ちょっと意外な展開でしたが、もっと意外だったのはMさんの自転車。なんと、はやりの電動アシストつきでした。ら~くらくの、ス~イスイで気持ちよさそう。恐るべし電動アシスト。

 訪問活動は、「しんぶん赤旗」の集金をしながらごあいさつをする作戦(作戦というほどではありませんが…)。Mさんが、来月から日曜版を823円に値上げ(現行800円)させてもらう話をするのですが、心配していた値上げを理由に購読を中止したり、特に異を唱える方はいませんでした。それどころか、なぜきりのいい830円とか850円にしないのかと質問があったので、消費税増税分以上に1円たりとも読者に負担はかけられないと話すと、「共産党はやっぱりまじめですね。その1円、2円もあらゆるものが値上がりすれば、大きな額になる」と、共感していただきました。

 昼は、若槻地区後援会のお花見に潜入。一升瓶をかかえてニコニコの中野早苗さんのお隣で、おいしいお弁当をいただきました。笑顔も満開の中野さんのブログはこちら。続いて原田のぶゆき市議と駒沢後援会の花見。午後の予定があるので、ビールはがまんガマン。

 午後は、野々村博美市議、支部の仲間と訪問活動。インターフォンで断られ、玄関を開けてもらえない家も何軒かあり、ちょっと厳しい空気。それでも、小さい子どもを連れたお母さんが、子どもの医療費の窓口無料化署名にリアクションして署名してくれました。宗教団体に入っているお友だちから選挙のお願いもされるというおばあちゃんは、「だけど、自民党と一緒になって増税とかしているでしょう。だから、いくらお友だちでも選挙は別といつも言っているの。私は、以前野々村さんのお話をお聞きしてから、ずっと共産党の支持よ」とキッパリ。野々村さんもあまり記憶にないそうですが、「以前」とは十数年前のことらしい。少し気持ちが重くなっていた時だけに、励まされました。

2014年4月25日 (金)

「娘が先に逝ってくれたら…」

今日は、訪問活動2ラウンド。

 最初は、党支部の方に案内していただき、石坂ちほ県議と20軒ほど訪問。石坂さんの引退を残念がり、「もったいない」と涙ぐむ女性も。その思いに、私も目頭が…。

 第2ラウンドは、18時から。案内役のHさんは、仕事を終えて音速で駆けつけてくれました。

 娘さんが重度の知的障がいで施設に入所している男性は、「施設が人手不足で、娘はまともな介護が受けられません。言いたいことは山ほどあるけど、入所させてもらっている身を考えると何も言えません。親が死んだ後、この子はどうなるかと思うと…。親より先に逝ってくれればというのが本音です」と語りました。

 一人暮らしのおばあちゃんは、体が不自由。ヘルパーさんに食事、掃除、買い物など家事援助を受けています。しかし、悩みはこの先のこと。おばあちゃんの介護認定は「要支援2」なので、安倍内閣の今回の介護保険の見直しで家事援助が受けられなくなる可能性があるのです。「要介護1にしてもらうようにお願いしている」そうです。

 本当に胸が痛む訪問活動でした。障がい者施設の人手不足も介護サービスの切り捨ても、政治に直結しています。改めて自民党政治の冷たさを肌で感じました。どんなに重い障がいがあっても、手厚い介護が必要になっても、安心してサービスを受けることができ、希望を持って暮らせる暖かい政治が求められています。

2014年4月23日 (水)

空飛ぶチューリップ

 自宅近くの交差点で日替わり朝宣伝。終了後、チャリで帰宅して朝食。

 

 午前中、訪問活動をみっちり2時間半。私の顔を見るなり、「ポスターで見ています」「山口さんですね」と言ってくれる人が増えています。ポスター作戦の効果を実感します。「写真よりも実物のほうがいい!」と言う人も。喜んでいいことなのかどうか、一瞬考えました。まあ、どっちでもいいや。

Img_1382_800x593  ところで、訪問活動の案内をしてくれたKさんのお庭に真赤なチューリップが咲いていました。「きれいですね~」と、いっしょに行動した石坂ちほさんや党支部の人と話していたら、Kさんは、「いやあ、このチューリップを植えたおぼえがないのです。種が飛んできたのでしょう」とのこと。

 さっそくお隣の家を訪問したら、おなじチューリップが咲いていました。そのお隣さんも、「家ではチューリップを植えていません。Kさんのお宅から飛んできたのでしょう」と真面目な顔でいうのです。

 「えっ、チューリップって球根じゃなかったの???」「チューリップの種が飛ぶなんて話、初めて聞いたね…」。なんか、狐につままれたような気分で、空飛ぶチューリップを帰りに分けていただいたのでした。

 

 

 

2014年4月20日 (日)

かきいれ時の日曜日!

 愛チャリでスタート。午前10時から浅川地区の後援会主催の小集会。最初の企画のマジックが大受けでした。私は、原発事故の教訓と柏崎刈羽など長野県近隣の原発についてお話しさせてもらいました。 

 石坂ちほ県議が県政の流れ、原田のぶゆき市議が長野市政の問題についてお話ししました。浅川ダムをはじめ、次々と質問や要望が出され、気が付けば終了予定の12時をオーバー。

Imgp4540_800x599  小集会の会場を飛び出して、愛チャリで超音速ダッシュ6km! 長野駅前の定例宣伝に合流。消費税増税反対する署名やシール投票にあちこちで人の輪が。シール投票では「もう無理!」に投票した人が圧倒的でした(写真)。

 宣伝後、定食屋で速攻でお昼を食べて党支部の会議。余ったお茶菓子を子どもたちのお土産にいただきました。ありがたや!

 続いて野々村博美市議と訪問活動。野々村さんが長年お付き合いをしているみなさんで、それぞれのご家庭の悩みや苦労も話のなかで出されました。一軒一軒、時間がかかりますが充実した活動。「それぞれの、本当に色々あるものですね」と野々村さんも話していました。「野々村さんが推す人なら大丈夫。支持します」といってくれる方も。心強い限りです。

 

2014年4月19日 (土)

難病の仲間に学ばされました

 今日の訪問活動の案内役は、難病を患っている仲間でした。歩行も大変そうでしたが、一生懸命に歩いて私と石坂ちほ県議を知り合いの所へ連れて行ってくれました。途中、壁に張った共産党のポスターがはがれかかっているところがありました。すると彼はリュックから画びょうを取り出して、その場で補強したのです。Komazawa

 まさか、画びょうまで持ち歩いているとは思いませんでした。震える手先で画びょうを打つのは大変だと思いますが、きっといつもこうしているのでしょう。生活苦、一人暮らしなど、たくさんの苦労や困難をかかえていても、前向きに、地道に粘り強く活動するその姿に、共産党員の在り方を学ばされました。

 厳しい冬をこえ、いま、信州は百花繚乱。長野市駒沢団地の桜も見事でした(携帯のカメラなので映りはイマイチですが…)。

 

2014年4月18日 (金)

4月18日

 長野電鉄本郷駅で、石坂ちほ県議、野々村博美市議と日替わり朝宣伝。そのたび、反応が良くなっていると感じるのは気のせいでしょうか?

 午前は、原田のぶゆき市議と党支部の会議に出てごあいさつ。支部のみなさんに案内していただき行動する日程も決まりました。感謝々。なにしろ、地元のみなさんが頼りです。

 今日は、午後から事務所。予定されている原発問題の学習会の準備にとりかかる。とにかく、恥をかかないようにと…^^;

 夕方は、金曜デモで「再稼働反対!」。あ~スッキリ!

 終了後、音速で党支部の会議へGO!。21時半帰宅。「雲海」のお湯割り+うどんで「自由の王国」へ今日も行ってきました!(^^)!

 

2014年4月17日 (木)

春爛漫

 日替わり朝宣伝は、石坂ちほ県議の地元・長野電鉄朝陽駅。駅へ向かうみなさんが会釈し、「おはようございます」、「ご苦労様です」とこたえてくれ、とにかくあたたかい。石坂ちほさんが積み上げてきた活動と努力の重みを感じます。

 574x766_2 宣伝後、携帯を忘れたことに気づき音速で家に。「銀の風号」で事務所へ。会議。お昼はmy弁当。中野早苗さんと一緒に食べると話題も豊富で楽しいサラ飯。味噌汁は小池副委員長の特製。とにかく味噌汁だけはこだわる小池氏。午後も会議。

 大雪と厳しい寒さをのりこえて、信州は春爛漫です。写真は、昨日党支部のみなさんと宣伝した時のもの。佐藤久美子市議がカメラマンで、私は自分のポスターを掲げただけ。「日本共産党」のタスキをキリリとかけて、my原稿で自分の思いを訴えるWさん。優しい笑顔でノボリをもつKさん。自らの病気や家族の病気など、様々な苦労を背負いながらも、安倍内閣の暴走ストップへ、行動を開始した支部のみなさんの思いに励まされます。

 

2014年4月16日 (水)

歩けば歩くほど

 日替わり朝宣伝は、自宅近くの交差点。石坂ちほ県議、野々村博美市議と訴えていると、寝坊した我が家の4番目が大急ぎで学校へ。こっちをみて、手を振っていったものの顔は少しひきつっていました。

 宣伝後は、自宅→事務所→市内北堀の事務所→自宅と、約20kmを愛チャリ・「銀の風号」で疾走。というか、「失走」。でも、心地よい疲労感。

 夜は、市内豊野町で佐藤久美子市議ご夫妻と訪問活動。あるお宅では、嫁いだ娘さんの夫が入院中とのことでした。お聞きすれば、病状は深刻です。しかし、経済的な問題もあり娘さんは仕事をやめるわけにもいかないので、幼いお孫さんの世話をしているということでした。娘さんだって、どんなに夫の看護や子どもさんの世話につくしたいことでしょうか。それも許さない今の政治や社会の仕組みを考えると、胸が押しつぶされそうでした。歩けば歩くほど、くらしの深刻さを肌で感じます。

 

 

2014年4月15日 (火)

パンクした。もしかしたら“鬼門”の長野駅…

 日替わり朝宣伝で長野駅に向かう途中、何やらゴトゴト聞きなれない音がする。どうやら自分の車らしい。スピードがゆるむと間隔があき、早くなるとせまくなる。「???…」。あまり気にしないことにしたが、信号で停車したら後ろの車の運転手が降りてきて、「パンクしてますよ~」。0415

 「えっ、エ~!」。見たら後輪がしっかりパンク。幸い駅の近くまで来ていたので駐車場に突っ込んで、音速ダッシュ。宣伝後、スペアタイヤに交換したのでした。結局、修理屋に駆け込んだのですがパンクしたタイヤは使い物にならず、後輪のもう一本もツルツルで新品を2本買うはめに。しめて1万5千円也。

 そういえば何年か前ですが、長野駅で宣伝後に車で移動をはじめたら、ガラガラすごい音がしてまわりの注目をいっせい集めたことがありました。あの時はマフラーが腐って途中で折れて、それをひきずっていたのでした。もしかしたら長野駅は鬼門なのかも…。

 今日は、銀行へ行き長女の大学の授業料を納付。我が家の家計もパンクしそう。

2014年4月14日 (月)

弁当忘れた。

 Photo_2 昨晩のご飯の残りでチャーハン弁当。サケを焼き、エビフライ(冷食)で完成。

 JR三才駅で原田のぶゆき市議、党支部のみなさんと日替わり朝宣伝。午前中は会議。

 そして、いよいよお楽しみのお昼を迎えたその時。ガ~ン! 弁当がない。 カバンの中も、車の中も…。家に忘れたことにはじめて気付いたのでした。

 午後3時、佐藤久美子市議と訪問活動。案内役は、最近まで地域の世話役をつとめた党支部の方。

 とにかく、市内でも有数の保守的な地域ですから、そこは冷たい風も覚悟して開拓者精神で向かいました。ところがどっこい、「原子力の平和利用なんてうまいことを言って、原発をつくったのが間違い」、「俺は共産党が好きだ」、「応援しますネ」、瀬戸内寂聴さんが載った「しんぶん赤旗」を見た女性は「わぁ! 私は寂聴さんが大好きなんです。寂聴さんも共産党を応援しているのですか?」と紙面に目がクギ付けでした。若いお母さんたちは、子どもの医療費の窓口無料化を求める署名に、すすんで協力してくれました。

 ちょっと驚くような反応は、案内役の党員の方が、日常の活動や生活を通じて地域のみなさんと結びつき、信頼を得て共産党を身近に感じてもらっていることが大きいと感じたのでした。

2014年4月12日 (土)

病気と政治を語り合う

  午前中は、石坂ちほ県議、党支部の2人の女性と訪問活動。女性3人組は、とにかく元気。移動中もにぎやかさMAXで、話題についていけません。

 お昼は野々村博美市会議員にお伴させていただき、「スイス平和の旅」の報告展示会へ。ちょっとスイスまで行ってきた感じで、気分転換になりました。

 午後は、再び石坂さんと訪問活動。案内してくれた女性党員は、病気から立ち直ったものの、足元は不安定です。つい最近は、若いお嫁さんがくも膜下出血で倒れました。それでも共産党を何としても前進させたいという思いで、案内役を買って出てくれたのです。一歩一歩が渾身のたたかいに頭が下がります。この思いに何としてもこたえたい。

 今日の訪問活動は、合計5時間半に。いやぁ~、よく歩き、けっこう疲れました。でも、ガン、難病など重い病気を抱える人ともたくさん出会いました。病気で経済的にも精神的にもお追いつめられた時、くらしを支え希望をもたせてくれる政治はみんなの切実な願いです。病気と政治を語り合うことになった訪問活動。大腸ガンが多臓器に転移し生存率10%と診断されながらも、しっかり克服した女性にもお会いし、励まされました。

2014年4月11日 (金)

“校長先生に似てる!” 鬼無里の災害 老党員の気迫

金曜日の日替わり朝宣伝は、長野電鉄本郷駅。石坂ちほ県議や野々村博美市議は、20年以上この場所で続けています。今日は、朝宣伝で野々村さんとお友だちになった小学生の女の子が私に一言、「おじさん(山口のこと)、校長先生に似てる」。リアクションできず…。

Img_1249_1024x768_2 宣伝後、長野市鬼無里地区の災害の調査に石坂ちほ県議、佐藤久美子市議と向かいました。長野市鬼無里支所の職員の案内で現場へ行くと、土砂が崩落し林道が通行不能になっていて、復旧にはかなり時間がかかりそう。林道の先にある奥裾花自然園は、孤立し現在休園です。

奥裾花自然園は、4年前、体調を崩して療養中に訪ねたことがあります。樹齢300年、400年を超えるトチやシナノキ、広大なブナの原生林と水芭蕉の大群落に命を吹き込まれるようで癒されました。水芭蕉の見ごろであるゴールデンウイークには、残念ながら復旧が間に合いそうにありません。観光にも大打撃。対策が急がれます。

 午後は、訪問活動。案内役は86歳で、亡くなった私の父と同じ歳の大先輩。「体調が良くないので10分か15分しか案内できないかも」と言っていたのですが、歩き出したらなんと2時間、昔の同級生や仕事仲間、知人・友人など、30軒近く案内してくれました。私や石坂さん、支部の仲間の先頭を歩くその姿に、気迫というか執念すら感じました。安倍政権の暴走に、老共産党員も本気で立ち上がっています。

 

 

2014年4月10日 (木)

朝宣伝のドラマ 5千円の充電器 訃報

 日替わり朝宣伝は、長野電鉄朝陽駅。スーツ姿の男性が笑顔でペコリ。いっしょに宣伝していた石坂ちほ県議によれば、他派の支持者でこれまで相手にもされなかった人だそうです。感激です。 

 朝から会議や打ち合わせの3連発。夕方、家電の量販店へ。3番目の娘が修学旅行へ行くのでデジカメを貸せといわれたのですが、バッテリーの充電気が見当たらない。ところが、充電器は取り寄せると5千円近くかかるとのこと。1万円ちょっとのカメラなのに、なんで充電器が5千円もするのか納得できず、退散。

 夜は、党支部の会議であいさつ。

 帰宅後、私の両親の親友で、私自身も、妹、弟も子どものころからお世話になった方の訃報。私たちの家族の歴史や記憶に深くかかわってきた人だけに残念。合掌。

2014年4月 8日 (火)

激烈朝宣伝! 超豪邸の感激 5合完食

 今朝の日替わり宣伝はすでに先客があり、仕方なく場所を移して行いました。ちなみに先客は、日替わりで10か所ほど朝の宣伝をしているとの。いやはや激烈です。

 終日、事務所でお仕事。

 18時に党支部の方と待ち合わせて訪問活動。ためらうような超豪邸も思い切ってピンポン♪ 出てきてくれたおじいさんは94歳。しかし、「いまの政党状況は、戦前の大政翼賛会のよう。戦争だけは繰りかえさないでほしい。あの戦争を体験した私には、みなさん(共産党)が頼りです」とキッパリ語られて、私も同行者もビックリ! 他のお宅でも、「安倍政権は危険! 何かしたいと思っていました」、「できることで協力させてください」など、うれしい申し出も。

 20時過ぎ、帰宅して速攻で親子丼をつくる。ちょっと汁が多すぎて親子汁みたいだった。2番目と食べていたら、3、4番目も帰ってきて夕飯。それでも、5合炊いたご飯を完食!

2014年4月 6日 (日)

爆笑! 4人組外国人旅行客乱入事件

  日曜日のお昼は、定例の長野駅善光寺口の宣伝。みぞれや雨の肌寒い中でしたが、石坂ちほ県議、原田のぶゆき市議、事務所のスタッフのみなさんと取り組みました。

 ちょうど私が話していたとき、にぎやかな男性4人組の外国人が近づいてきました。 「〇×〇×…」、何やら話しかけられたのですがさっぱりわかりません。すると、一人がカメラを構え、他の3人は私たちと一緒に並び親指を立て笑顔でポーズ。「〇×〇×…」、やっぱり理解不能でしたが、気が付けば私たちも同じポーズでしっかりカメラ目線をしていたのでした(笑)。

 それにしてもこんな体験は初めて。外国人旅行客のみなさんにとって、よほど珍しい光景だったのでしょうか?800x602_3

2014年4月 5日 (土)

おもわずドイツへ行きたくなりました!

 Photo 午前中は事務所で仕事。MY弁当を食べて、愛チャリで善光寺へgo! 仲見世で写真を撮ってもらう。使い道は、後のお楽しみということで…(まあ、それほどのことでもありませんが)。そのまま午後の訪問活動。

 夜は、新日本婦人の会のみなさんの学習会。中野さなえさんが講師で、ドイツ・スイス自然エネルギーの旅を報告。私は、原発問題で話しをさせてもらいました。

 ドイツがすすめている省エネ、効率化、再生可能エネルギーの取り組みを、パワーポイントで具体的に伝える中野さんの報告に、思わず引き込まれました。再生可能エネルギーへの抜本的な転換は、街の隅々、生活のいたるところででつらぬかれ、それは思想というか哲学になっている感じでした。ウ~ッ、ドイツに行ってみたくなりました。

 報告の後は、日本の原発の問題から、大量生産・大量消費・大量廃棄の経済の在り方まで活発な意見交換となり、とっても有意義な時間でした。

2014年4月 4日 (金)

“脱・小学校”で、めでたし!

Tama  今日は、4番目クンの中学校の入学式でした。と言っても、私は参加できませんでしたが。「アウェイ感いっぱいのクラスだよ」というのが帰ってきた彼の感想。母親に聞くと、彼はもらった教科書を開いて、星座を「ほしぞら」、花鳥風月を「かちょうふうつき」と読んで、さっそく周囲の失笑をかっていたそうです。そりゃあ、アウェイ感を感じて当然でしょう。なにはともあれ、一応4人全員が“脱・小学校”。多少漢字が読めなくても、メデタシめでたし!

 

 夜は、金曜デモで「再稼働ハンタ~イ!」。その後、事務所で会議。9時半に帰宅。がんばって休肝日(^^)v

2014年4月 3日 (木)

今日も充実の訪問活動。リュウキンカに癒されました。

 日替わり朝宣伝で石坂ちほ県議、佐藤久美子市議らと長野電鉄朝陽駅で訴え。

 午前中は中野さなえさん、原田のぶゆき市議、支部のみなさんと計7名で出動。

20140403   「消費税の増税は困るが、替りの財源は?」、「中学校の通学区の見直しをしてほしい」、「介護老人ホームに入りたい。いいところがあったら紹介してください」、「8億円の借金で熊手なんて、人をバカにするにもほどがある…」。訪問する先々で政治談議や困りごとの相談です。あるお宅の庭先で、リュウキンカが見事に咲いて癒されました。リュウキンカのファンになりました。

 今日の訪問活動は、今まで日本共産党と縁がなかった人や、「しんぶん赤旗」を初めて見たという人とも結びつきが広がって、よかったヨカッタ!中野さなえさんのホームページもぜひご覧ください。

 お昼にいったん帰宅。速攻であんかけラーメンをつくり春休みで家にいる2、3、4号と食べる。

 午後は車を飛ばして45分、党支部の会議。市内でも有数の保守的な地域ですが、たくさんの人が集まって、活発に論議。安倍政権の暴走が、共産党と党員を本気にさせています。

 

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31